新安保法案衆院可決

まぁ、ちょっと書いておくかなぁ。

この法案の焦点って集団的自衛権の限定的容認ってところだったはずなんだけど、なんか論点がズレてしまった感じ。

野党も、議席数を考えれば、法案が可決されるのは決まっているので、どこまで容認するかの言質を取る方向だったと思うんだけど、細かくなりすぎて分かりづらくなっちゃった。
与党も、「ここまで」とはっきり言えれば良かったんだろうけど、後々の運用を考えると、想定外のことが起こった際に身動きが取れなくなるのを警戒してか、線引きが曖昧な部分もあったように思えるし。

まぁ、自衛隊が他国の軍(や武装組織)に引き金を引かなければならない機会は増えるように思えるし、ということは、日本が戦闘かそれに順ずる事態に陥る可能性は増えるということは考えなくちゃいけないと思うのよね。
とはいえ、そこを拡大解釈しすぎてもいけない時代ではあるとは思うんだけど。
まぁ、自分と違う意見を論破するとか攻撃するとかしてないで、お互い耳を傾けて、冷静に判断しないといけないと思うんだけどねぇ。

ちょっとウンザリしてきたかなぁ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント