まっちゃんの話ってさあ

ワイドナショーでの発言 のことなんですけどね。

ワンピースの流れでたまたま見てて、「分かりやすい例えだなぁ」とは思ったんだけど、良く考えると、この例えは、現行の個別的自衛権とか周辺事態法で対応できそうな内容な気がするんですよね。

なので、現状、「当て逃げしても平気な国」と思われてるのだったら、新安保法ができてもあんまり変わらんのじゃないかなぁ。
アメリカと、より緊密な関係を築くことで、日本に何かあればすぐにアメリカ軍が出てくると思わせる効果はあるかも知れないけど。

新安保法に対して、「賛成派」の人たちは過度な期待を持ちすぎなような気がするし、「反対派」の人たちは過敏になりすぎてるような気もするのね。

長年の悲願、国連常任理事国入りするために、「国際貢献」がしたいがための法改正だろうとは思うんだけどね。
違うのかな? 教えてエライ人。
ま、「国際貢献」するための改正の内容が、ひとたびタガが外れると先制攻撃できそうな諸刃の剣だってところが心配なのだけど。


あと、反対派の人のデモに対して、あれこれ言う人もいるようだけど、なんで賛成派の人は国会前で「安倍総理頑張れ」をやらないんだろか。
何かに反対するときしかデモってやっちゃいけないの?


なんか、有名人が見解を公表するたびに引き合いに出されたり、その有名人が攻撃されたりしてるけど、そろそろ個々人が自分の意見で話さないとダメだと思いますよ。
コレだけ一気に人の命に直接関わる法律を変えようしてるんだから、賛成してる人のなかにも、反対してる人のなかにも、ここは賛成だけど、ここはどうなんだ? もしくは、ここは反対だけど、ここは頷けるって感じの人はいるだろうから、十把一からげみたいな論争は無意味よね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント