新ドラマ その8

リスクの神様

第3回をはじめて視聴したので、ちょっと番外編的な感じで。

うーん、キャストは豪華でそれなりに楽しめるんだけど、ドロドロしている割に予想を裏切られなくて驚きが少ないんすよね。

アイドルのスキャンダルを利用して、政治家を守る。
うん、知ってたって感じで。

逆に戸田恵梨香に、なんでそこに気がつかないかなぁとか思っちゃうわけで。
優秀な人間に描かれれば描かれるほど。

堤真一がそう来るのを読んで、戸田恵梨香が(知略で)アイドルも守ってみせるくらいまで行かないと爽快感が少なめ。
今後、戸田恵梨香が成長するとそういう展開もあるのかも・・・。

まぁ、裏の「花咲舞が黙っていない」が、爽快感重視の内容だから、あえてそうしてない可能性もありますが。


ナポレオンの村

前作の「天皇の料理番」の出来が良すぎたかなぁ。

沢村一樹と唐沢寿明の対立構造が単純すぎる感じがするんですよねー。
沢村一樹が市長として、葛藤の中、村を切り捨てる感じなら見やすいんだけど、ちょっと簡単に「悪」に置いちゃった感じがしますね。

よそ者の唐沢寿明が、中からは気がつかなかった村のセールスポイントに気がついて、最初は打ち解け合えなかった村の住人や役場の仲間と協力してそれを盛り上げていく奮闘記ってだけのほうがシンプルだったかも。
たまに市から横槍が入ることはあるとしても。

まー、夏休みなので、分かりやすい構造のほうが良いかもってのはありますが。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント