Application::sharedApllication()->getCurrentLanguage で deprecated

Cocos2d-x で作ったアプリに、一部の画像に日本語が含まれていたので、まぁ、一応、英語表記の画像も用意して、多言語化してみようじゃないかと。

if(Application::sharedApplication()->getCurrentLanguage() == JAPANESE){
  sprite = Sprite::create("test-jp.png");  //日本語を含んだ画像
}else{
  sprite = Sprite::create("test-en.png");  //英語に置き替えた画像
}



とかやったら、deprecated・・・。
shared~ で、deprecated だったら、getInstance だろうと変更した。
けど、「JAPANESEとか知らねーし」と怒られたので、「LanguageType::JAPANESE」に修正。

if(Application::getInstance()->getCurrentLanguage() == LanguageType::JAPANESE){
  sprite = Sprite::create("test-jp.png");
}else{
  sprite = Sprite::create("test-en.png");
}



普通にstrings.xml 内の文字列(app_name=アプリ名とか)を別に持ちたい場合は、resフォルダ内に、values-ja、values-en など言語に対応したフォルダを作って、それぞれのフォルダに strings.xml をコピぺ、内容を言語ごとに書き換える。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント