CoreAudio SDK のありか

Audio Unit で何か作ってみようかと思ったものの、SDK がどこにあるか分かんないよー! だったワタクシ。

"Audio Unit SDK" でネット検索したところ、かなり上位に こんなサイト が。
やはり、英語だからという理由で敬遠していてはダメということか。
事あるごとに言語の壁に阻まれる・・・。

完全にナナメ読みなので、たぶん間違っているとは思うけど、SDK は全然更新してないので、(Apple Developer にサインインしてから)
https://developer.apple.com/downloads/

ここに行って、「Audio」で検索(Search Download)して、検索結果の「Audio Tools for Xcode - February 2012」をダウンロードせよ、ってことのようです。
その他の「Audio Tools」にはSDKが含まれていないみたい。

ディスク・イメージがダウンロードされるので、ダウンロードが終わったらマウントして、ターミナルを起動して、

sudo cp -r -v "/Volumes/Audio Tools/CoreAudio" /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Extras/CoreAudio

しろとのこと。
で、やってみたけど、ウチの環境では、いつもの通り、No such file or directory ・・・。

しょうがないので、アプリケーション・フォルダ内の Xcode.app を右クリックして「パッケージの内容を表示」で、Extrasフォルダを作成して、

sudo cp -r -v /Volumes/Audio\ Tools/CoreAudio /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Extras/CoreAudio

したら、コピーできたような気がする。それで、

sudo find /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Extras/CoreAudio -type f -exec chmod 666 {} \;

と、パーミッションを変えれば準備完了なのかも知れない。


それ以降に書いてあること言えば・・・、

Mac OS X 10.7 以降を使っている場合は、AUMIDIEffectBase.cpp の154行目を

result = ((AUMIDIBase*)This)->MIDIEvent(inStatus, inData1, inData2, inOffsetSampleFrame);

に変更する。
で、コンパイラを LLVM から LLVM GCC 4.2 に変えた場合は、AUCarbonViewBase.cpp の257行目を

HISize originalSize = { (CGFloat)mBottomRight.h, (CGFloat)mBottomRight.v };

に変更しろとか言ってる気がする。

そして、VST と AU の両方をサポートしたいなら、audioeffextx.cpp の512行目を

char temp[2] = {(char)(digit + 0x60), '\0'};

に変えろ。
更に更に、C++11 を使いたいなら、CADebudMaxros.h の138行目を

#define DebugMessage(msg) DebugPrintfRtn(DebugPrintfFileComma "%s" DebugPrintfLineEnding, msg) FlushRtn

に変更しろとおっしゃっているような気がする。

まぁ、最初のOSバージョンのところだけ変更してテストしてみますかね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント