どうしてそうなる。

あれ、HEAT が終わってた。
どう決着をつけるのか、最終回だけは見ようと思ってたのに。

まぁ、ちょっとお話開始のところの主人公の性格付けが、アレだったんじゃないかと思うんですよね。
初回2時間SPだったし、初回で消防団側の立場になってしまっても良かったような。
正体を明かさずに、町のために働く男的なヒーロー物っぽい展開できるし。

そういえば、映画化するって話はどうするんじゃろ。
読売新聞の放送塔では「低視聴率なのはもったいない」とか投書があったようだけど・・・。


読売新聞といえば、財務省の軽減税率案 反対とか社説で書いてたような。
国家財政の健全化のために増税をと、旗振りしてたはずなんだけど、「食料品と新聞には」軽減税率を導入すべきとのご意見。
財務省のポイント・カード制みたいなのじゃなくて、ちゃんと支払いのときに軽減税率で消費税を支払うべきって話らしいけど、図書関係は新聞だけで良いのかい。

まぁ、財務省の、補助金は出るものの、カード読み取り機を個人商店レベルから導入してもらって・・・、というのは、現実的ではないし、これから色々議論が進んでいくだろうけど、まぁ、何人家族か分からないけど、上限4000円って、年間? 年間の食費20万円? 食料の買出しに家族のカードを持って買出しに行かないといけなくなりそ。

というかさぁ、マイナンバー制も、これから少子化が進んでいくのに莫大な予算使って導入すべきなのかねぇ。
まぁ、少子化が進んでいくから、きっちり税金を納めてもらいましょってことなのかも知れないケド。

システムの維持費と、マイナンバー導入した後の「きっちり徴収」した増額分を計算してたりしてるんですかねぇ・・・。
XPサポート終了時のドタバタを見てるとどうも・・・。

まぁ、マイナンバーは税金以外のところでも活躍しそうなんで、政治家は反対しないだろうけど。

諸々、考えると財務省の人たちって、よっぽど庶民とかけ離れた生活してるんだろうなぁ。
浮世離れしてるのは政治家だけじゃなく、官僚もってことかな。

今は少なくなったと思うけど、天井からザルを下げて、お代を放り込んでる八百屋さん、魚屋さんとかどうすりゃいいんだろね。
「いいよ、奥さん、おまけしちゃう!」とか無くなるんだろうなぁ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント