切羽詰ってる?

財務省の軽減税率の還付策、ちょっと考えてみたんだけど、財政健全化が切羽詰ってるのかも知れない。

一応、「財政健全化」は国際公約ということで閣議決定してたようだし、そちらを優先させているのかもしれないですね。

4,000円か5,000円と上限を切っているので、支出については計算しやすいし、なにより、流通の中間業者からは10%の消費税を取れるし。
3,000億とも言われている設備投資で、予算ばら撒けて景気浮揚になるし、的な。

今回は見送られたようだけど、18歳から酒・タバコ解禁というのも、そう考えると頷ける。
選挙権の話が、酒・タバコって、ちょっとキナ臭い話・・・。

これからは、税金(特に歳入)がらみの法案には気を付けて見守ったほうが良いかもしれない。
何か背後に、こうすりゃもっと税金取れるじゃん的な余計なことがついて回りそうな予感。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント