FC2ブログ

太平洋、でっかいよぉ

気がつけば、あなた も好評な 松浦亜弥 を起用した、キリンビバレッジ、午後の紅茶の新CM 秋篇 です。

海岸線を疾走する松浦亜弥が印象的なCMですが、夕暮れの海を背景にしているためか逆光が多いですね。春篇、夏篇と抱えていた悩みが吹っ切れたのか、全編満面の笑顔の演技なのですが、逆光のおかげで良く見えません。最後の「大好き!」で順光になるので、そこを印象的に見せる演出なのかな。ただ、光線の方向というか、影の落ちかたがカットごとに変わって見えるので、アタシの頭では時間経過とか位置関係についていけない。HPの画像で説明しますとね。
最初の疾走シーンは海側から光線が来てる。講義を受けてから、再び海沿いを走るときも海側から光線が来てます。ということは講義を受ける前とあまり時間が経っていないわけです。もしかしたら、教室に彼がいないので、講義を抜け出して、彼を探すために走っているのかも知れません。で、砂浜に下りたカットでは岸側からの光線が来てるんですね。どれだけ長く走っているのか。下手をすると朝から夕方まで走っています。いや、単に海岸線がうねっているだけかも知れません。
やっとのこと彼を見つけ、午後の紅茶を取り上げると彼が驚き、振り向きながら立ち上がります。このカットを見ると、岸側からの光線で2人の姿が逆光になっております。その後、アップになるんですけど、松浦亜弥はほぼ順光、後ろ姿が逆光だった彼は振り向いたハズなのにほぼ、逆光なんです。このアップのカットの光の当たり方だと松浦亜弥と彼の立ち位置が逆にならなくちゃいけないような。いや、このカットは時間的に、冒頭の海岸線を走っていたときより前で、実は回想だったりするのかも。むぅ、難しくてついていけない。海側から陽が上って、岸側に沈んでいくということは太平洋なんだなということはうすらぼんやり分かりましたよ。

何が言いたいかというと、春篇から比べると、髪が短くなって松浦亜弥が丸顔に見えますね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

申し訳ありませんが

コメントありがとうございます。申し訳ありませんが、当ブログの内容とそぐわないリンクがございましたので削除させていただきました。