スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道色々


高須クリニックが報道ステーションのスポンサー降板

全体的な傾向としては、テレビ朝日だけではなく、各局、政治的立場や意見を徐々にはっきりさせて来てたと思うんですよ。
安保関連法制で鮮明になっちゃっただけで。

報道ステーションについては、成り立ちから言って、報道バラエティに近いと思うし、別に中立的な立場でなくても良いと思います。
いわゆる「ニュース」でこれをやっちゃうのはマズイと思うけど。

なので、高須院長のように「これはオレがスポンサードしたい番組内容ではないな」と思ったら、降板しちゃうのも普通のことだと思います。
費用対効果を重視してる企業は、視聴率を稼いでいたり、よっぽどイメージが悪くなるようなことがなければ、降りることはないだろうし。

で、高須クリニックが次にスポンサードするのは、同じテレビ朝日の「ビートたけしのTVタックル」。
こちらは、「あの番組はよく見ていて、右とか左とかじゃなくてバランスよくやっていますからね」とのこと。

「TVタックル」は、ちょくちょく大の大人が言い合いするので、あまり好きではないけど、まぁ、高須院長の「あくまで番組内容」という心意気は気持ちが良い。



関東・東北豪雨の際の報道ヘリ

自衛隊の救助活動に支障を来たしたということですが、まぁ、実際にそんなことがあったとしても、自衛隊側が「報道のヘリが邪魔だった」と公には言わないと思うんだけど、どうなんだろう?
もちろん、実際に邪魔だったら、今後の救助活動のために、報道側に自粛を求めることはあるとは思うけど。

意外だったのは、報道がドローンを飛ばしてないことですかね。
大雨に弱いとか、立ち入り禁止区域が広すぎて電波が届かないとか、そんな理由なんですかね?
まぁ、ドローンで、今まさに大水に流されそうな状況を近接撮影されても、臨場感がありすぎて正視できない可能性が高いですが。

逆にドローンを使って、目視では気がつかない場所に閉じ込められてる人を見つけて、自衛隊に報告するなどすれば、昨今、逆風の吹いてる報道も見直されたんじゃないですかね。
スピーカーが搭載されているなら、音声で励ますなんて利用法もあるんじゃないかと。
まぁ、音声が届けば届いたで、「今のお気持ちは?」とか、馬鹿なことやらかす可能性のほうが大きいですが。

災害、特に人の命がかかっている時は、自衛隊、警察、救急、報道という立場は関係なく、協力体制を取れればベスト、というかそういう体制を取れるようにして欲しいですね。


報道の SNS での記事、写真集め

ネットでよく見るのが、「楽しやがって」というご意見。

普通に考えれば、SNSが発達する前の、それまでと同様の取材を行った上で、SNS をチェックしていると思うんだけど・・・。
しかも、無断使用ではなく、情報発信者、撮影者に使用許可を求めているのだし、そこまで敵対視しなくて良いんじゃないかと。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。