ノーベル賞


日本人科学者が受賞して、世間が祝福してる様は、ワタシのようなものでも見ていて嬉しくなる。

とはいうものの、「日本人優秀」という民族の話になっちゃったり、「民主党が事業仕分けで潰そうとしてた」とかいう政治の話しをひっぱりだしてくるのは感心しない。

およそ、賞なんてものは、個人(とかチーム)に与えられるもので、民族に与えられるものではないし、民主党の話で言えば、そもそも、ノーベル賞を受賞するまでそんな研究がされていたことすら知らなかったワタシとしては、民主党をどうこう言える立場ではないし。

もちろん、同国民として受賞は嬉しいと思うし、事業仕分けの件は、当時から、この研究はノーベル賞物なので、絶対潰しちゃイカンと声を上げていた人もいるのだろうし、そういう人たちの「そら見たことか」という気持ちも分かるし、何とも言いがたいところはあるんだけど。

まぁ、ノーベル賞を取るような研究者は、事業仕分けで予算を減らされても、自分たちの力で何とか研究を続けて成果を上げるような気がするのよね。
あんまり、晴れ晴れしい雰囲気に水を差すようなことはして欲しくないなぁと、思ったりするのです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント