新ドラマその4


5→9 ~私に恋したお坊さん~

うーん、この枠は、いわゆる「トレンディ・ドラマ」が低迷して、ロマンス物だけではなくなるのかと思ったんだけど、「胸キュン」物ってカテゴリーを推進しているもよう。
まー、胸キュンって言葉も相当古いと思うんだけど、若い人にはそういう感覚はないのかな。

というわけで、石原さとみ、山下智久主演のラブコメ風の本作、「逆押しかけ物」というような展開。

お葬式の席で出会ったお坊さん山下智久が、石原さとみに一目ぼれ(?)、お見合いをセッティングして、いきなりプロポーズ。
職場の英会話教室にも押しかけて、英語で口説きだす始末。

ただ、山下智久にも事情があって、許婚がいるようだし、石原さとみの職場でも恋愛模様が交錯していそう。
全体的にコメディ風味ではあるので、今後の展開次第では面白くなりそう。

ちょっと気になるのは、石原さとみの演技に重心が掛かりすぎているところ。
暗い演技が、結構、重くなる人なので、人間関係がドロドロしてきちゃうと、重い雰囲気なっちゃうかも。

石原さとみの職場と実家でのギャップは面白いですね。
トレンディ・ドラマだと、実家のほうもシャレオツな感じになりそうですけど、家族同居でジャージ姿という。
まぁ、この辺の現実感が今風なんでしょうね。

紗栄子が、さりげなく事務員役で出演。
女優を続けるつもりだったのね。ちょっとビックリ。
というか、高梨臨より年下役ってどうなの?



相棒14

というわけで、始まりました「反町」新相棒シリーズ。

初回は、受刑者の獄中死の疑惑から、刑務官の刺殺事件に発展、真相を暴くため、法務省から出向してきた反町隆史が、杉下右京とコンビを組む、という流れ。

刑務所内での事件ということで、カイト君がちょこっと出てきたりするかと思ったけど、そんなことはなかった。

獄中死した受刑者の幽霊から、「刑務官に殺された」という話を聞いて敵をとったという証言で、捜査一課が手を引いてしまい、杉下右京に協力を仰ぐという流れは自然で良かった。

反町隆史のお調子者なのか、切れ者なのか良く分からないキャラも面白かった。
反町隆史はあまり器用な役者ではないような気がするので、今回はハマっていたけど、今後どうなるか心配なところ。
まぁ、通常の相棒だと、ストーリー上、そう無茶なことはなさそうだけど。

しかし、まぁ、再放送を見ていると、水谷豊も気がつかないうちに年齢が上がってますね。
刑務官に変装して、暴動鎮圧に動いたときに、大使館人質事件のようなアクションがあるかと思いましたが、もう無理なんでしょうか。

それにしても、相棒史上、最も難解な謎、というのはどうだろう?



孤独のグルメ Season5

相変わらずの飯テロっぷりですが、モノローグにダジャレが増えたような気がする。
あと、味についてこんなに説明してなかったっけ?
食レポみたいにクドクド説明しないところは良いところだけど、ちょっとバリエーションに苦労しそうな感じ。
まぁ、最後に原作者が食レポやってるから補完されるんだけどさ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント