新ドラマその5


破裂

「スグそこにある未来」なSFっぽい内容ですね。

心臓を若返らせる夢の再生医療には実は重大な後遺症があり、それを利用し社会保障費の抑制を図ろうとする「国民生活省」。

「国民生活省」の官僚、滝藤賢一の登場シーンが、悪夢のように描かれる演出は面白い。
ちょっと喪黒福蔵っぽい。

「ぴんぴんぽっくり」も、まぁ、ひねくれて捉えれば「1億総活躍」と似ていなくもないよなぁ。
死ぬまで元気で働いてください的な意味では。
いずれ、老人の所得が上がったら、医療費負担割合も上げるつもりだろうしなぁ。
おっと、ドラマと現実を一緒にしてはいけませんなぁ。

デザイナーベイビー でも、高齢出産のリスク回避のために、卵子の若返りが題材の一部になっていたし、今期のNHKドラマは高齢化がテーマなのか?

そして、デザイナーベイビーでは、おそらく、遺伝子操作で安達祐実の長男の予備部品化されてしまった新生児ノゾミは、何度も生き残り過ぎて、医師役の渡辺いっけいは、やはり死んでしまったのだった。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント