お役所だなぁ


マイナンバーも郵送され始めたので、何か事務手続きが変わるんじゃないかと、地元の税務署主催の年末調整説明会に出席してきました。

手続き自体は、ほぼ昨年と変わることがないようなんですが、どうにも説明の端々にお役所的な発言があって気になった。

主に、e-Tax、el-Tax 関係なんだけど、まぁ、途中参加の人への配慮だろうけど、何度も繰り返されて辟易。

あげくに「昨年、e-Tax納付した会社さんは今年もご利用いただけるようお願い致します」って、昨年と状況が変わって、書類提出のほうが効率的になっていたら書類提出するよなぁ・・・。
まぁ、e-Tax のほうが便利な上、多少なりとも初期投資も0じゃないから、そっち使うだろうけど。
いちいち言わんでも。

あと、ウチの地方では、所得税の特別徴収から普通徴収への切替えるためには必要条件があるらしいんだけど、その説明が「県が特別徴収の完全実施を目指しているので~」みたいなことで、とても強く力説していたんだけれど、まぁ、普通の会社さんは、多少苦しくても特別徴収してて、普通徴収に切り替えるなんて、よっぽどのこと(社員さんからの強い要望とか)だと思うんだよねぇ。
そんなに経営者を追い詰めるような言い方をしなくても良いんじゃないかなぁ。

理由が理由だけに、あんまりピンとこない上に、どうにも上から目線で不快だったなぁ。

最初に全部の会社さんに共通する内容を説明してから、一部の会社さん向けの「e-Tax、el-Taxをご利用いただいている会社さんは~」「普通徴収への切替をお考えの会社さんは~」という順で説明してくれれば、関係ない会社さんの担当者はその時点で帰れるのに。
なんか、ものすごく不合理なことやってるように思える。

思わず「チッ」と舌打ちする程度に。

まぁ、サラリーマンの所得税の特別徴収なんて、集めやすい税金の上位ランカーだろうし、「何としても」という気持ちは、地方財政が苦しい昨今を考えれば分からなくもないんだけど。

どちらにしても、選択肢が狭まるということは何か不快な気がするのだった。

というか、特別徴収の所得税が払えなくて倒産しちゃったら、法人税も所得税もパァで、元も子もなくね?
そんな会社、早晩倒産するから早め淘汰って感じですかねぇ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント