Bluedio I4


今年の2月に Buletooth マイク付きオーディオ・レシーバー Bluedio I4 を買ったんだけど、数ヶ月前からヘッドホンの片側から音が出なくなっちゃった。

いや、元々、サウンド出力が左右逆になってた代物なので、そんなに期待もしてなかったんだけど、そのまま廃棄ってのもなんなのでバラしてみた。

見た目から、表裏の黒いパネルを銀色のガワにはめ込んであって、細めのドライバーを隙間に突っ込んでこじってやれば開くかと思ったら、ただ傷がついただけだった。

で、下の写真のように、銀のガワを上下から挟んでやると、左右のガワがたゆむので、そこにドライバーを突っ込んでやりました。

I4_分解

するってーと、こんな感じに表パネルが外れました。
案の定、銀のガワに引っ掛けるところがあって、黒いパネル内部にツメがある構造でした。

I4_上蓋

同様に裏パネルも外すと、こんな感じ。

I4_バラバラ

廃棄するつもりだったので、「まー、こんなモンか」と思いつつ、左右逆転してたところだけでも直せないかと見てみたら、ヘッドホン・ジャック、基盤に直ハンダ。
しょうがないので、そのまま組み立てなおしましたとさ。

で、そのあと使ってみたら、なんと左右とも音がちゃんと出るようになりましたとさ、ラッキー!

ところで、バラしたとき、銀のガワのツメを引っ掛ける部分の出っ張りがボロっと取れてしまった。
なんだかもの凄くもろい素材みたいですねぇ。
バラすときはお気をつけ遊ばせ。

まー、使っている人は少ないと思うけど。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント