自動車税見直し


何やら、自動車税を見直してる らしいですね。

個人的には、新車時の燃費性能で税額を変えるのはナンセンスだと思うんですよ。

経年劣化で性能が落ちていく物だし、なにより、ガソリンに割りと高額な税金が乗せられているので、燃費性能が悪い自動車を乗る人は、より多く税金を払うことになるわけだし。

ドイツの自動車業界を震撼させた、例の排ガス・テストの偽装ソフト問題など、もし、日本でも起きたら、「お前の買った自動車、実は環境に優しくなかったから、税金払え」とかやるのかなぁ、と。

まぁ、自動車所得税など、いつの時代の考え方だよ、という税金は廃止の方向で良いとは思うんですけどね。
ガソリン税を上げるのが順当な気がしますが、これも各方面、影響が大きすぎるような気もしますし難しいところよね。


大規模な税制の見直しが現実味を帯びているけど、軽減税率の件も含め、ここを減税するぞ! 代替の財源はどうする!? バナシが多すぎるのよね。
そして、代替の財源を探すのが、同じジャンル(省庁)の中からか、タバコ税というお粗末さ。
もうちょっとトータルで仕切れる人間はいないんだろうか。

大企業向けの減税はすんなり決まっていくのにね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント