最終回その7


下町ロケット

ひー、すっかり書いたつもりでいたあたり、なんか自分が怖い。

というわけで、最終回が始まる前の2時間は、追加撮影部分を加えた最終章というダイジェストだったわけですが、最終回にスムースに繋がりすぎて、ワクワク感が薄れてしまったのはちと残念。

土屋太凰の彼氏か? と思われたマサヒコ君が猫だったで、ふーんと、ながら見になってしまったのがイケなかったかも。

さて、肝心の本編ですが、ガウディの結末がちょっと流れすぎだったのが気になりつつも、面白かったですね。
サヤマVS佃がメインだったので、しょうがないかってところですかね。
個人的には、あれだけ個人的事情を抱えた石倉三郎の心情なども細かく描いて欲しかったところですが。

まぁ、やっぱり、高視聴率男と言われる阿部寛の演技が良かったってことでしょうか。
シリアスとコメディが絶妙でした。
立川談春も良かったし。

しかし、高橋光臣が悪役づいてるような気がするのよね。
もう少し、コメディとか3枚目っぽい感じの役もやって欲しいところ。

キンコメ今野は、役者づいてますが、相方が・・・。
どうなるんすかね。



ところで、月曜ゴールデン 警視庁機動捜査隊216V まだ見ぬ夜明け で、やたらとテーヘンの人の犯罪を取り扱ってましたが、なんだか身につまされて気分が落ちまくる。
年末くらい、、もう少し救いのある話にならんか?
岡本玲が、子持ちのキャバクラ嬢で、えっ、あの優等生がー!? という変な感慨を抱いたりするのは良いとして。
格差社会への警鐘って感じでもなかったし。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント