サンプル・コードをビルドしてみたら、Logic 9 が 32bit モードで起動できないことに気づく


今日は、2月29日は4年に一度あるかないかの日であるので、ないことにして怠惰な1日を過ごそうか、それとも、こういう日こそチャンス、ライバルに差をつけよう! と受験生みたいなことを実践するか、ぐずぐず悩む。
どこまで、優柔不断なんだよ!

で、2月29日なんてないんだと思うことにして、Audio Units のサンプル・コードでも眺めて、1日費やしてみるかーと、こちら様のサイト を参考にサンプル・コードを入手して、ビルド。

でもって、出来上がった SinSynth.component を Library/Audio/Plug-ins/Components にコピーして、Logic 9 を起動してみる。
・・・、あれ? SinSynth が選択できない・・・。
Audio Units マネージャで確認してみるも、SinSynth が認識されていない模様。
うーん、もしかして、32bit プラグインなのかしら?

という当て推量で、Logic を 32bit モードで起動・・・、アーンド、クラッシュ。
えー!? いつのことだか忘れたけど、この前 32bit モードで起動したときはこんなことなかったけどぉ?

というわけで、 Library/Audio/Plug-ins/Components から SinSynth をデスクトップに移動して、再起動。
あれ、やっぱり起動中にクラッシュするよー! ということで、SinSynth が原因でないことが判明し、ここから Audio Units の開発とは関係ないトラブル・シューティング篇に突入します。

色々、検索してみたら、Logic 起動時に こんなことができる ことが分かったので、とりあえず、Core Audio をバッサリやる control キー押しっぱなしモードで起動。
おぉ、無事に起動できたよ!

起動後、初期設定のオーディオ設定で、Core Audio の設定を変えて、「変更を適用」ボタンをポチる。
「Reason Rewire Adapter が開けませんでした」
うむ、これ、解消されたエラーだと思ってたんだけど・・・。

再度、検索してみると、Avid 関連のコミュニティー に行き着く。
なにやら、以下のファイルを削除しろとか言っている模様。

Library>Application Support フォルダ内の
・Reason Engine
・Rewire
・Rex Shared Library
・Rex Shared Library Bundle

ファイルを選択するのは面倒臭く、削除するのもコワいので、Rex フォルダと、Rewire フォルダをデスクトップに移動してみた。
今度は無事に起動したよ!
そして、再度、SinSynth.component を components フォルダにコピーして、Logic 9 を再起動。

おお! 無事に起動したよ!
・・・、やっぱり SinSynth が、選択メニューにも Audio Units マネージャにも表示されてないよ・・・。

半日潰して、何の成果も得ないのであった。
2月29日で良かった。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント