赤塚先生ー!


先日、ファスト・フィード店でコーヒーの飲んでいたら、隣のテーブルの大学生と思しき、女性二人の会話が耳に入った。

テーブルをはさんで、向いあって座ってたんだけど、お互い、スマホで話題を探して、画面を見せ合って会話してるのね。
まぁ、おっさんは、その会話の仕方にも驚いたんだけど、内容が・・・。

「あ、オカリナがドラマでるんだってー」 画面見せる
「あ、ホントだー、なんのドラマ?」
画面をスワイプして「天才バカボンー」
「へー、そーなんだー」
「オカリナ、娘役みたいー」
「へー」
「ママ役が松下奈緒だってー、全然、似てないないじゃんねー」
「ねー」

ぬぅ、『天才バカボン』の名前は知ってるけど、内容は知らないもよう。
娘じゃなくて、息子だし。
ママとバカボンが似てないのは原作準拠だし。

原作レイプなんて言葉がありますが、まぁ、古い作品なんかは思うさま改変すれば良いのさ。
などと思ったりしたわけです。

まぁ、ちょっと、赤塚先生ファンとしては、寂しい気分に。

それにしても、この「おそ松さん」人気はなんなのか?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント