新ドラマその6


グッドパートナー 無敵の弁護士

賀来賢人が、分かりやすいコメディ演技で効いてる。

初回は、お話の流れの関係か、ちょっと逆転の爽快感が薄めだったかも。
手塚とおるからの「費用はいくら掛かっても構わん!」の電話のあとの、近藤芳正弁護士からの電話で、溜めて溜めて、だったけど、その前に一煽り、広告代理店の重役会のシーンとかあったほうが良かったかも。
まぁ、溜めて溜めてのところの、全員から手の平返しの総ツッコミは面白かったけど。

というわけで、どちらかといえばコメディ重視な演出ですが、面白いです。

松雪泰子が、ママ話のときにもっさい髪型になるときがあるんですが、意図的なんだろうなぁ。


ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~

うーん、こりゃまた、見る人を選びそうな設定、演出だなぁ。
ストーリーの予定調和は、この枠なので、最も至極なんだけど。
サブタイトルの分かりやすさも、老人を含めたターゲットを狙ってるんだろうケド。
含めたというか、老人向けなのかな?

ちょっと特撮ヒーロー的な演出や、先ごろ世間を騒がせた腹腔鏡手術の医療事故を扱った内容も含めて、ハングマンを思い出しました。
冒頭の、おそらく二度と出てこないであろうラグビーを取り入れたアクション・シーンとか、いやまぁ、懐かしい懐かしいんですけど。

中越典子が、お色気担当で、ミニスカはいて登場ってのは良いのか悪いのか。
女子成分としては、藤井美菜。これは良い。


お迎えデス。

うむ、キャスト的には、とても期待していて、期待通りの内容でした。
しかし、上回ることはないのであった。

たぶん、土屋太凰の性格が、なぜ、ああも頑ななのかが説明されていないから。
ただの意固地な性格の悪い女になっちゃってますね、今のところ。

そして、福士蒼汰と過去に因縁がありそうな幽霊、門脇麦。わーい麦ちゃんだー! じゃない。
ここも、初回では明らかにされず。

引きの、福士蒼汰が土屋太凰に「つきあって」で、ゴゴゴしてたので、次回、明らかにされるのであろうか。
いや、終盤まで引っ張って、最終回あたりで成仏のパターンか。
土屋太凰に憑依して、土屋太凰が自分の気持ちか、門脇麦の気持ちか分からず吐露した言葉が・・・。に、1ペリカ・・・、賭けない。ありがちすぎ。
門脇麦が成仏して、福士蒼汰から、霊が見えたり、憑依されたりする能力がなくなるの最終回はあるかも知れない。
もしくは失われた能力を取り戻すエピソードとか。

鈴木亮平は、爽やかな死神。まぁ、間違いないですね。

そして、いくら役名とは言え、「堤さやか」と検索すると、トップに往年の名AV女優の名が出てくる役を演じる、大友花恋(16歳)は、どんな気持ちなんだろう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント