Plogue 社の無料ヴォーカル・アプリ「Alter/Ego」 の Tips かも知れない備忘録


Alter/Ego を、何曲かで使ってみたので、まぁ、備忘録的な感じで。

S, T, K の子音がキツイ

音色設定で調整できるところもあるものの、サ行で言えば「シ」など、特にキツイ。
もともと、これらの子音がノイズっぽいので、ノイズ感を低減しようと、ディエッサーで調整すると、他のところにも影響が出て、子音がはっきりしなくなって、結果的に何を歌っているかわからなくなる場合も。
Sibilanceで調整できると良いのだが、0まで絞っても気になるのよね。

画像は「して」の「S」「T」の子音と母音の大きさ比較
AlterEgo_ShiTe



逆に m, n の子音が弱い

これは次項に出てくる子音分割によるものかも知れない。
もともと、子音が弱い m, n の子音を分割するため、前の語句の母音の終わりに m, n の発音の頭が付いて、そのあと、子音の途中から発音が始まると、ほぼ母音にしか聞こえないということかも。
なので、レガート気味にするくらいしか解決方法はないと思われ。
テンポが速いと気にならなかったりします。



前の語句の母音の終わりに、次の語句の子音がくっつく

これは、Alter / Ego が、英語を主体としたトーキング・シンセサイザーを元にしているからだと思うけど、例えば、「あー、休符、さー」と歌わせたい場合、極端にいうと「あーす、休符、さー」という風になる。
回避法としては、「あー」のあとの休符部分にベロシティを最低にして母音「あいうえお」を一音挿入するか、波形編集でカットするか。
この辺(子音が分割されている?)がアタックがスローに聞こえる原因かも知れない。

画像は「よ、せ」の「よ」の最後に「S」がついてる波形
AlterEgo_YoSe




「ん」が自動で挿入される

例えば「こんな」という歌詞を、3音に乗せたい場合、歌詞を「こんな」と入力しても、「こん」「な」と分割されて2音で発音が終わってしまう。
「こうんな」「こむんな」「こぬんな」など、子音の目立たない音を入れると「こ」「うん」「な」と3音に乗せることができるけど、若干、発音が気になることもあるので、前の歌詞との流れや符割りなどと合わせて、色々試してみると吉。



曖昧母音さが強調されるときがある

「う、い」のときの「い」が「ぅい」と曖昧母音ぽく、ヨレるように聞こえるときがある。
これは、テンポや符割りによるものかは不明。

画像は「む、い」の「い」がヨレているところ。
AlterEgo_MuI



細かいところでは、母音「あいうえお」によって、音量差があるところも気になりました。
歌詞を変更すると、ベロシティも再調整になっちゃうんで。


今のところ、ざっくりディエッサーをかけて、それでも気になるところは、波形編集でなんとかするのが手っ取り早そうな感じ。
あ、ヒューマナイズの意味もあって、声色の各パラメータのコントロール・チェンジ(MIDI)を、リアルタイムで重ね録りしていったりはしてますよ。

結局のところ、リアルな人の声でも、音程修正や、波形編集はするものだし、それに比べれば、音程は取れているので、手間は多少省けるって感じでしょうか。

まぁ、無料ソフトなので、多くを望んではいけませんね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント