ちょっとマジメなハナシも混ぜつつ


ハイレゾなんてものが出回っているようです。

深夜アニメ枠でも、わざわざアニメで作られたCMが流れていたりして。
ネットのオーディオ記事でも「アニソンにぴったり」みたいなこと書いてあったりして。

でもね、たぶん生音収録した音源じゃないと意味ないんじゃないかと思うんですよ、今のところ。
まぁ、48KHz程度なら今でも効果あるかも、ですが。
96KHzになっちゃうと、サンプラーの音源で対応したものが少ないし。

バンド形式の音源なら、生音の可能性もあるので、効果がありそうですが。

どうにも、アニメのためならお金を沢山使ってくれる人たちをターゲットにしてるだけのキャンペーンに思えて仕方がない。
まぁ、そこをターゲットにして、ある程度ハードが売れて、量産効果でコストが下がって、世の中に普及するなら、悪いことではないとは思いますが、ちょっと商売っ気が過ぎるような気がする。


さてさて、アニメと言えば、アニメのOP、ED曲は、1分半程度に編集されているのですが、1~2回見ると飛ばしちゃうことも多い。
これは録画で見てるからとも言えますが。
深夜アニメの数が増えすぎて、録り溜まっちゃった番組を消化しようと思うと、やっぱり時間がないので、どうしても飛ばしちゃう。
1分半を飛ばしちゃうってどんだけ時間がないんだというハナシ。

OP、EDなんて、下手したら本編より完成度が高い映像がついているのに。

で、音楽の話なんだけど、もう、フルサイズで5~6分という尺が長すぎるんじゃないかという疑問。
フルサイズ3分半くらいでいいんじゃないかな、時代としては。
いや、トランスとかチルアウトとか、尺が必要なジャンルは別として。
まぁ、OP曲なんかは、ちょっと曲の構成が似てるものが多いというのもあるかも知れないけど。


話し変わって、LDHさんの女子ボーカル・ダンス・ユニットのシングル(っていうの? 今どき)って、まぁ、テレビやCMくらいでしか効いたことはないんだけど、歌詞の無意味性が破壊的。
風味付け程度に、色恋のハナシは出てくるけど、「ま、そんなことより踊ろじゃないか、へいへい」的な歌詞ばかり。
アメリカーン! な感じはしますけど。
そういうほうが聞きやすいのかもね。

逆に、欅坂46のデビュー曲は、政治的なメッセージが含まれているように思うけど、あんまり騒ぎにならないのね。
ここで騒いだら、秋元康の思う壺と心得ているからか。
サザンのときは、事務所の前でデモみたいなことになっていたのに。

ところで、46と48の違いは、文科系と体育会系との違いに似ていると思っているのワタシだけだろうか。
明らかに狙っているように思えるのだが。


さて、長年、アイドル・グループの多人数化は、テレビのワイド画面化に深く関わりがあるのではないんじゃないと考えているんですが、そろそろ単独で画面持ちのするカリスマ的アイドルの出現が望まれるところ。
いわゆる、歌姫と言われる人達でさえ、バックダンサーやバンドを引き連れている時代なので、もう、なんか、この人が画面に映っているだけで、脳内麻薬がだだ漏れになるような人が出てこないかなぁなどと妄想するのです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント