スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cocosじゃなくて、Android 問題か? Invalid attribute name:


cocos compile -p android --android-studio を実行すると、

Invalid attribute name: android:name

が表示されるようになってしまった。

いや、以前から出てて、今、気がついただけなのかも知れない。

アプリ自体は問題なく動いているような気がするんだけど、どうにもキモチワルイので、ネット検索したものの、同じ症状で悩んでいる人はいないもよう。

なんとなく、AndroidManifest ぽい気もするので、内容をチェックして、警告を出ているところをチェックしてるんだけど、これと言って・・・。

で、application タグに警告が出ていたので対処しようとしたところ・・・。

Android SDK 23 から自動バックアップ機能がついたらしく、Application タグ内でどうするか指定しろって警告が出ていたので、対応しようと android:allowBackup = "false" にしたら、エラー。
ザックリ解説を読むと、アプリのデータをクラウドに自動バックアップしておいて、もし、アプリをアンインストールしても、再インストールしたときには、データをクラウドから復帰させる・・・、みたいに思えるんだけど、そんな複雑なことしてないのよね・・・。

エラー回避で、 android:allowBackup = "true" にしておくには、データ用の xml ファイルを指定しろと言われているようなんだけど、もう1つ指定の仕方が分からない。
res に xml フォルダを作って、適当な名前で xml ファイルを作って、

android:fullBackupContent="@xml/適当な名前"

とかやってやれば良さそうな気もするんだけど、必要ないしなぁ・・・。

というわけで、放置。

そもそも、なんで android:allowBackup = "true" にしたか忘れてるあたり・・・。


App is not indexable by Google Search ~ って、なんぞ、これ? と、調べてみると 公式に こんな物 が。

うーん、SEO とかいうものにヤクニタツノカ ???

なんのこっちゃ? と思いつつ、こっち を見て、activity タグをクリックして、左側に出る電球マークをクリック、Add URL してみる。

なにやら、「必要があるなら、ホストとか、パスのプリフィックスを書き直せ」と言われているような気がするけど、この辺も良く分からないので放置。

というわけで、当初の Invalid attribute name: 問題はまるで解決しないのであった。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。