新ドラマその3


好きな人がいること

ここまで、男性視聴者を突き放しちゃっていいのか?

ここまで来ちゃうと、胸キュンというか、乙女ゲーの世界よのぉ。
構成も、いわゆる胸キュンシーンの数珠つなぎ。

主人公の桐谷美玲は、パティシエとして休む間もなく活躍していたが、働いていた店がベーカリー専門店になり、あえなく失業。
一流ホテルに面接に行くものの、試作として持っていったケーキで失敗。
そのケーキを食べた、初恋の人三浦翔平に、夏の間だけでいいから自分の店で働くよう誘われる。
悩んだ挙句、後輩から背中を押され、誘いに乗るも、店のシェフ、山崎賢人から嫌われ、顔を合わせるとケンカばかり・・・。

という、絵に描いたようなテンプレ展開なわけです。

桐谷美玲の「自分を変えたい」という気持ちのモチベーションが、失業1ヶ月にも関わらず、4年もキスしてない! だったりすると、さすがに引くんだけど、まぁ、パティシエとしては実力がある前提みたいだし、夏だからいっかー的な?

で、まぁ、湘南が舞台だし、桐谷美玲の水着姿でもあるのかと思ったら、露出少ねー。
せめて、後輩が遊びに来て、後輩ちゃんだけでも水着になって欲しいもの。
いや、山崎賢人が、脱衣所で上半身裸になっていたので、女性視聴者向けにはサービスしているんだけど。

まぁ、あれだ、「夏の間にはキスしたい」というインスタの書き込みがバレて、厨房で山崎賢人にキスされた桐谷美玲、シリアスに平手打ちしてたけど、あそこで刃物を持ち出すとかして、コメディ・タッチな展開だったら良かったのになぁ。

ちょっと、最後まで視聴継続できるか心配です。

大手レストラン・チェーンからの買収話とか、恋愛話以外にも、一応、伏線は張ってるみたいだけど、男性視聴者はついていけますかね、このイケメン動物園。

山崎賢人は、またパティシエとごちゃごちゃするのかよ、と思った人は多いと思うんだけど、これは思う壺なんだろうか。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント