都知事選と選挙運動期間


東京都民の皆様、参院選に引き続いての都知事選、大変ですね。
というわけで、県民のワタシなら、都知事選について書いても良いかななどと甘い考えで愚考してみる。

といっても、誰が都知事になったら良いとか、そんなハナシではなく、選挙運動期間とネットのハナシ。

先の参院選でもそうだったんだけど、SNSでは選挙当日まで、立候補者を Disるような内容の記事が引用、拡散されていたんだけど、アレってどうなんだろう?

引用元の記事の掲載日は、選挙運動期間前だったりするので、記事自体には(名誉毀損とかは別にして)問題ないんだろうと思うんだけど、選挙妨害的な何やらに抵触しないんですかね? あれ。

表現の自由が侵害されるのは、御免こうむりたい派なので、あまり、ネガキャンばかりやっていると、規制が入りそうな気がして心配なんですよねぇ。

まぁ、規制するとなったら、ネガティブ情報だけは拡散しちゃダメってやり方はできず、全面禁止の方向にならざるを得ないので、候補者に取って有利な情報も拡散できなくなるので、簡単には規制の方向に走らないとは思いますが。

サンデー・モーニングでさえ、都知事選の話題で、「選挙運動期間に入っているので、難しいと思いますが、各候補者について簡単に~」と、、コメンテーターに配慮を求めるくらいデリケートなわけで、まぁ、ネットだけは野放しってわけにも行かず、近い将来、なんらかの手は打ってきそうな気がする今日この頃。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント