最終回その2


女たちの特捜最前線

うーん、放送開始直前に高嶋礼子の旦那が逮捕、最終回直前に高畑淳子の息子が逮捕って・・・。
前クールの「捜査一課長」も、初回スペシャルが大地震で放送中止。
お祓いでもしたほうが良いのではないかと思ってしまう、この枠。

そんなことはさておき、内容について。とは言っても、全話見ていたわけではないので、まさに話半分。

基本路線としては、「女子会」と称する井戸端会議で集まってくる情報を元に、高嶋礼子が真相を暴くという構図。
コメディ調なので、捜査本部が役立たずなのは許せる。

事件の内容にテンプレが多かったのは残念。

そりゃ、ゲストが犯人、または事件に深く関わっているのは仕方がないんだけど、「こいつが犯人」ってことは分かっていて、あとは「なぜ、そんな犯行を?」という動機に驚きが欲しいんだけど、ここがテンプレだとなぁ。
「女子会」に情報が集まってきちゃうので、捜査物として、奇抜な捜査手法を取るわけでもないし。
まぁ、潜入捜査みたいなことはしてましたが。

最終回は特に、母子家庭の娘が、いじめにあって自殺、その母と数年ぶりに出会ったいじめていた女が結婚詐欺師で、じつは娘が自殺した当時も、全然反省していなかったことが判明、諍いの末、刺殺。
まぁ、テンプレですね・・・。

主婦の共感は得やすいのかもしれないけど。
ワタシには子供がいないので、分からないのであった。

ちょうど、集団暴行(?)の末、亡くなった少年の事件もあり、いじめの末の自殺とか、テンプレ的に気軽に扱って良い物かどうか、ちょっと考えてしまったよ。

まぁ、この辺もタイミングが悪いよな、とか。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント