ドラマ初回その6


キャリア~掟破りの警察署長~

嫌いじゃないです、このタイプ。

主人公の名前が、遠山金志郎ということからも分かる通り、若くして署長になったキャリアにも関わらず、気になる事件は、私服姿で町へ出て捜査してしまうという、時代劇「遠山の金さん」をモチーフにした、コメディ・タッチのミステリーです。
最後で悪党に、「署長」と記載されている警察手帳を見せるのは、水戸黄門の印籠風ですが。

ちょっと、玉木宏警察署長が、スーパーマン的に頭脳明晰すぎるのは気になりますが、腕力のほうはそれほどでもなく、そちらは、初回でバディ決定の瀧本美織にお任せという、バランスの取り方の安定さ。

基本的には、勧善懲悪と主人公の推理力を楽しむ内容だと思うけど、代議士とその息子が、警察手帳を見て、腰砕けになるのはやりすぎなようが気がしました。笑いどころだったかな?
たしかに、時代劇風に「恐れ入りました」と、土下座させるわけにはいかないだろうけど。

初回は、最後に、どうして、落書き事件と連続強盗事件が結びつくと推理したのか、解説されるかと思ったんだけど、あんまりハッキリ説明されなかったなぁ。
まぁ、この辺は、ゆる~く見てればいいのかな? 演出的にも。

とはいえ、高嶋政宏を筆頭に、刑事課のノンキャリア組の反発がどうもね。
テンプレではあるけれど、あまり過度に描いちゃうと、面倒臭いヤツラってだけになっちゃうんだよね。
というか、最近のドラマで多いんだ、話を転がすためだけに、面倒臭い性格のキャラクター配置しちゃうこと。
後々、あぁ、これを描きたいがために、このキャラがこの性格だったのかと納得できればいいんだけど、特にそういうこともないと・・・。
「キャリア」というタイトルなので、この対立が、後々キモになってくれることを期待。

ということで、瀧本美織も帰ってきた(?)ので、楽しみです。


レンタル救世主

うーん、世は救わないね、これ・・・。

「キャリア」は時代劇をモチーフにしてましたが、こちらは特撮戦隊物をモチーフにしてるのかな?
キャラの苗字が色分けされてるし。

初回は、会社をクビになった沢村一樹がレンタル救世主になって、志田未来を助けて仲間になるところまで。
なので、次回からが、全員揃ってのおハナシになるので、ちょっと判断がつかない。

けど、初回は、時間が延長されていたためか、沢村一樹のダメっぷりとか、志田未来のイジメられっぷりとか、ちょっと冗長だったかな。

まぁ、お人好しすぎる沢村一樹のダメっぷりは、前半で散々描かないと、志田未来を助けに行くときの「僕がお金を払います」に説得力がなくなってしまうのは、分かるんだけど。

次回は、ヒーロー戦隊物として、見てみるつもりだけど、正しいのか?



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント