どっちかに決めないといけないのかねぇ


焼き鳥屋さんが、串から外して食べないで欲しいと店の前に看板を出してブログに書いたら、バズっちゃった件。

さっそく、ワイド・ショーでもやっていたけど、なんで、どっちかに決めたがるんだろう。
ケース・バイ・ケースでいいと思うけどね。

目の前に客がいるかいないかの差はあるけど、例えば、ミュージシャンが、私の音楽はこれこれのプレイヤーで聴かないと、楽しめないとか言わないでしょう?
100均のイヤフォン使わないで、とか。
そういう再生環境でも、とりあえず聴こえるように努力してるし。

焼き鳥屋さんも、そういう意味では、串から外さないで食べてもらえば、ホントのおいしさが分かりますよと、「切なるお願い」してるだけなんで、「客の自由だ」とか、文句をつけるはお門違いな感じ。

ワイド・ショーでは、「串から外さないでも、シェアできるように半分の量で」とか、店の商品ラインナップに口を出していたりして、ホントに・・・。採算取れなくなったら責任取れるのかと。

大体さぁ、皆でシェアするときに串から外すとか、ボッチのワタクシ、それほど経験ないしよ。
でも、数年に一度あるかないかの、宴会への呼び出しの際には、今後、「串からはずします? そのままいきます?」と確認しなくちゃならなくなるような気がする、下っ端ー。面倒臭いでござる。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント