ループするショート・ムービーを作る


ちょっとした思いつきで、ショート・ムービーを作ってみた。
短い動画をループさせようと思ったんだけど、結構、手順が入り組んでいたので備忘録。
()内は紆余曲折なので、直接作業には関係ないです。

まず、手持ちの Windows 版 FLASH 8 で、ムービーを作る。
数年、触ってなかったので、思いのほか手間取る。
えっと、なんか、ステージに配置する前に、キャラにアニメ付けたりするのあったよね、なんていうんだっけ?
検索かけようにもキーワードさえ忘れてる始末。

なんとか、数時間かかって完成、パブリッシュして、swf を書き出す。
この swf を swivel を使って、mp4 に変換。
この時点では、Mac の iMovie か Windows のムービーメーカーで編集すればいいと思っていたので、お尻をちょっと長目にしてました。

この mp4 を Mac に持って行って Apple の Logic で読み込んで、音付け。
wave を書き出す。
書き出した wave を Sound Forge で1ループ分切り出す。

(でもって、iMovie で編集しようしたら、フレーム単位での編集ができず、動画と音の同期が怪しいので断念。
mp4 を Quick Time (Pro版) で AVI に変換して、Windows に持って行って、ムービーメーカーで試したのだが、iMovie と同様に同期が怪しいので断念。)

再度、Sound Forge に戻って、音の長さを、ミリ秒単位でチェックして、Quick Time (Pro版) で変換した AVI を、Windows の Movie Operator で同じ長さで切り出す。
その後、同じく、Movie Operator で、動画と音を合体して、1ループ分の動画が完成。

(これを Movie Operator で連結していけば良いはずなんだけど、ずっと連結していくと、ナゼか音がおかしくなる。ほぼノイズ。
しょうがいないので、 ムービーメーカーでつないでみたけど、ノイズにはならないんだけど、ループ頭の音が転げたりする。
iMovie でも試したところ、プレビュー段階で、ループ頭が微妙にフェードインしていて、ダメかも、で、断念。
一応、iMovie で書き出しを試したところ、フェードインしてるわけではなかったけど、ムービーメーカーと同様、ループごとに音の鳴り方が違っていたので、使用中止に。)

考えた挙句、Mac の Quick Time で連結することに。
しかし、なぜか、Quick Time が、AVI を読み込めないので、BatchDOO を使って mov に変換。
ただし、この変換で画質が結構落ちました。
まぁ、設定を追い込んだりはしなかったし、容量がデカかったので、圧縮掛けたいというのもありましたし。

そして、Mac に持って行って Quick Time で連結。

最後に、iMovie でテロップを入れたりの仕上げ作業して、書き出して完成。

AviUtl を使うと楽だったろうか。


NEWGROUNDS Swivel


MOVO Movie Operator

NLSOFT BatchDOO

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント