最終回その4


THE LAST COP/ラストコップ

最終回の生放送部分も含めて、なんでもありで楽しかったけど、映画まで?
あのハチャメチャさが映画に出ると良いけど。

日テレと hulu の共同製作だったので、まぁ、映画までやるのは規定路線だったのかも。

キャストも、男女とも、ベテラン、若手と良いバランスで、これなら生でやりたくなっちゃうかな。

窪田正孝のはじけた役は珍しいけど、ちょっと叫びすぎな感じがしながらも、中々良い味を出していた。
これからはコメディにもどんどん出て行きそうな予感。

久しぶりに黒川智花、伊藤沙莉も目立つ役で見られたし、桜井日奈子も、不安定なところはありつつも、堂々としてたし、収穫が多かったドラマでした。


キャリア~掟破りの警察署長~

最終回は、自分の父を殺した真犯人と、警察の組織ぐるみの隠蔽工作を暴くという、ともすれば暗くなりがちな内容を、さらっと明るく、分かりやすくというコンセプトから外れることなく描いてました。

まぁ、このドラマはこれでいいと思います。
視聴率的には、多分、裏の「IQ246」に食われてしまっていると思いますが、玉木宏、瀧本美織のコンビも面白かったし、高嶋政宏の反発刑事もそれほどクドイ感じじゃなく、玉木署長に惹かれていったし、この分かりやすい路線は嫌いじゃない。

ただ、惜しいところと言えば、女子成分が少なかったところかなぁ。
ちょっとだけでもラブコメ成分あったら、もっと面白かったような気もするんだけど・・・。
この分かりやすさ路線って、年齢がハイなところを狙ってるからなのかなぁ。
それで、ラブコメはあえて排除なんだろうか。

最終回は、あまりにもご都合主義な展開が目についたけど、まぁ、しょうがないところかな。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント