SNSでの広報活動


先日、とある案件で何やらお呼び出しを受ける。
末端のワタクシまで呼び出されるとはただ事では無さそう予感がして、「あー、また怒られるのか」と暗い気持ちで出席。

まぁ、当然のごとく怒られたわけですが、内容が「お前らが言うから、ツィッターを使って情報発信を始めたけど、全然、効果がないぞ! どうなってるんだ!」とか何とか。

1. その案件でツイッターを使い始めて、まだ、1ヶ月ちょっとで、1日1回、botで投稿するだけ。
2. その会議の出席者は5~6人いたはずだけど、投稿のリツイートやお気に入りの数が0~1。

って、もうさ・・・。
リツイートしてたのオレだけかよ・・・。
せめて、その会議の出席者は、投稿を見かけたときだけでもいいからリツイートしろよ・・・。

前にも、「サイトをSEO対策ばっちりな形で刷新したから、閲覧者が増えるはずだから~」とか言ってたんだけど、肝心のサイトの内容に見るべき物が何もないので、当然、閲覧数が増えることもなく・・・。
もう、ため息しか出ないでやんす。

なんで、やる気のある人が一人もいないプロジェクトにGOをかけるのかが、まず分からない。
「上手くいけば儲かりそう」で、GOをかけるのは分かるけど、「上手くいかせる方法を考える」ことくらいはやる気になって下さいよ。サイトや、ツイートの投稿内容はどうでもいいや、でも良いけどさ。良くないけどさ。

で、「じゃ、こうしたらイイんじゃないですかね?」と提案すると、「そんな手間をかけて、どれだけ効果あんの?」とか仰るので、つい「じゃ、やめちまえ」とか言いたくなるわけです。

なんか、こいつら、ただマウント取りたいがために呼び出したんじゃないかという、別の意味で暗い気分になった正月明け。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント