そんなあったっけ?


というわけで、cc65 を使ってアセンブラでファミコン開発をしようというプロジェクト(?)、ただ今、勉強中なのですが、色々と分かってきたことをまとめておく。
備忘録。

まずは資料的なものから。

ファミコン(NES) の仕様などは、こちらのサイトに詳しかったです。
NES on FPGA
※正式なサイト名が分からず・・・、すみません。
こちらの、「仕様」の下のリンクが各機能の仕様になってます。

cc65 の仕様に関してはこちら(英語だけど、箇条書きだし、使用例が出てるので、雰囲気は分かるかも)。
c65 Users Guide

6502 のニーモニックはこちら
NES 研究室 -6502

cc65 を使う上で、メモリー管理(割り当て)を行う.cfgファイルについては、以下が詳しいみたいなのですが、いかんせん英語。
cc65 -Configuration files


というわけで、事始め的にプログラムを始めてみたんだけど、アドレッシングを忘れていて冷や汗。
なぜか、Z80とかV30系のアドレッシングで考えてしまう。
設計できねー。

そして忘れていたこと。

・サウンドポートを毎回書き換えると、同値でもノイズ出たんだっけ?
・BG を書き換えたあとにスクロール値をセットし直さないとポジションずれるとかあったっけ?

まだまだですなぁ、先は長い。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント