最終回その4


スリル!赤の章 警視庁庶務係 ヒトミの事件簿

すみません、最初に謝っておきます。
黒の章、地上波でやらないのに連動ドラマとか迷惑だわーと、思ってたんですが、深夜帯で赤の章の再放送と全4話放送するんですね。
って、あと最終回を残すのみだけど。

回数は少なかったのは不満だけど、面白かったです。
小松菜奈のキャラクターが良かった。
明るめの画面でも見たいところ。

こちらも、嘘の戦争同様、詐欺師の娘という設定はあまり活かされてなかったかなぁ。
口先で状況を乗り切ることは多かったけど、どちらかというとスリの手口のほうが多かった。
まぁ、心理的背景として、父親が詐欺師という負い目というものは大きかった。

小出恵介は、振り回され役としては面白かったけど、愚直と言うか不器用と言うか、もう少し軽くても良かったような気もする。
マジメな刑事っぽいといえばそうなんだけど。

最終回は、テロリストに拉致された小松菜奈が、捜査本部で孤立する小出恵介とともにテロを阻止する内容でしたが、救出に来た小出恵介に小松菜奈が抱きついたり、ちょっと先がありそうな期待を頂かせつつ終了。

続編を希望しつつも、あるなら全4回とかやめてよね。
というか、福家警部補とトトリの続編も待ってるんですけど、NHK。


嫌われる勇気

香里奈の本格復帰作ということで期待してたんですけど、残念ながら・・・。

ミステリー部分の弱さとアドラー心理学の不必要さがどうも。

香里奈刑事の(いわゆる)社会性のなさを、アドラー心理学で肯定していく内容だったのは、誰が共感するのだろうか。
アドラー心理学がフックになって、事件を解決するならいざ知らず。

最近、日本のドラマでも、犯罪心理学者が登場することが多いですが、どうも万能すぎるんですよねぇ。
一時のプロファイラーみたい。
統計学的な見地で検討して結果はこう、で、当たり外れがあるって感じにはできないんですかね。
まぁ、ドラマだからしょうがないんだろうけど。

肝心のミステリー部分ですが、こちらがもう、怪しいと思った人物がストレートに犯人だし、動機や手口に驚かされることもないという。
捜査一課8係のメンバーが面白い人物が揃っていただけに惜しい。

大ボス、メシアが正名僕蔵っていうのは意外ではあったけど、そりゃ警察内部の人間なら誰でも良かったんじゃないかと思っちゃったくらいな有様。
そう思わせた、これまでの流れで負け。

一番、驚いたのは、これまで会話の中に頻繁に登場していた正名僕蔵の妻がすでに死亡していたところだったという。
まぁ、これだけはまんまと、という感じでしたかね。

大体、香里奈の本格復帰作だというのに、表情を変えない無愛想な役をつける意味がそもそも分からなかったのよねぇ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント