頭では分からんでもない


石原元都知事の「豊洲が風評に負けて放置されるのは、科学が風評に負けたことになる。」発言。
言いたいことは分かるんだけど、「絶対安全安心」と科学が言ってた原発があんなことになってしまったわけだし。
あげく誰も責任とってくれなくて国民の税金で尻拭いしてるわけだし。
震災を天罰とか言っちゃった人が思う科学とは何を指しているのか良く分からない。
いや、確かに豊洲が危険と思うかと訊ねられれば、ちゃんと管理されるならそう危険でもあるまいと答えるだろうけど。


NHKに限ったわけではないけれど、ニュースで事故で犠牲になった方々の人となりを詳細にお知らせしてくるのはやめてもらえないだろうか。
痛ましい事故のニュースだけでも気分が落ち込むのに、さらに追い討ちをかけなくてもいいんじゃないかと思ったり。
まぁ、チャンネルを変えればいいだけなんだけど。


今村復興大臣の記者に対する発言について書こうと思って、「復興大臣 暴言」で検索したら、松本元復興大臣とか務台政務官とかのやらかしが列挙されるんだけど、復興関係には人材はいないんじゃろか。

今回の今村大臣の発言は、記者に痛いところをつかれたというか、ご自身でも何とかしたいけど、何ともならないという思いがあってイラついたんじゃないだろうかね。単なる推測だけど。
でも、ま、例えそうだとしても、言葉は選ばないとなぁ。
援助を打ち切られる自主避難者には頭を下げてでも理解を求めなくてはいけない内容だったし。
そういや、シチュエーションは違うけど、石原伸晃氏の「金目でしょ」発言とかもあったしなぁ。
与党に戻ったときには謙虚なことを言ってたような気もするんだけどなぁ。
いつの間にか、愚民は俺たちの言うこと聞いてりゃいいんよ的になってきてるんだよなぁ。

最近、いつまでも明治維新、薩長同盟でもあるまいにと思うことが多い。
もう日本を東西で分けてみてはどうかと思わなくもない。
行幸中の天皇には京都の御所にお帰りいただいて、西で明治の文化を大切していただければいいのではないかと。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント