最終回その8


スリル!黒の章

放送延期になっていた黒の章の最終回、やっと見られました。

ちょっと待たされすぎて時期を外してしまった感じもしますが、面白かったので良しとします。

黒の章の主人公は、お金に弱い弁護士ながら、人情派だったり、腕っ節はからっきしという設定が良く活きていた。
これまで最後に「弁護して差し上げましょう」と言って断られるのがお決まりのパターンだったのですが、最終回では、そのパターンがまた違う意味を含んでいたのも良かった。

事件に巻き込まれながらも、自分の利益を追求してあの手この手を駆使する様はコメディとしても面白かった。
謎解きの部分は赤の章コンビに任せちゃったのも良かった。
スタンリー・ヘイスティングズ・シリーズを思い出す。

最終回では、事務員佐野ひなこのことを思いやる関係性も泣かせた。

まぁ、もうちょっと報われるエピソードがあっても良かったかなとは思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント