ドラマ初回その8


櫻子さんの足下には死体が埋まっている

まぁ、この枠は裏にTBSの本気ドラマがあるので不遇っちゃー不遇だと思いますが。
ヒット作も輩出してるゆえ、簡単に潰すわけにいかないのかも知れない。
まぁ、ただでさえ、ヒットドラマが少なくなっているのに、ドラマ視聴者を食い合うように仕向ける編成もいかがなものかと思うのだが。
あと、むやみに時間延長するのも。
世間で「ドラマ面白いよね」と評判にならないと、バラエティ慣れしちゃった視聴者はなかなかドラマを見ないと思うんだけど。
全体を考えて欲しいもの。

さて、本題。
原作は知らないけど、アニメは見ました。いつものごとく、細かいストーリーは覚えてないけど。

色々とぶれている印象でした。

キャストのイメージで言えば、観月ありさと藤ケ谷大輔は年齢が・・・で、設定が変わってるんだけど、観月ありさに藤ケ谷大輔を「少年」と呼ばせていたり、無理にコメディ風な演出だったり。
まぁ、アニメと実写は別物とは思うんだけど、無理があるとなぁ。

藤ケ谷が観月ありさに事件の真相追及をお願いに行くのは、いくらなんでも急すぎるし。
観月ありさがほぼ真相を掴んでいるという描写があれば良かったんだけど。
コメディシーンを優先してる風で。

そして、観月ありさのセリフの言い回しが気になるのが最大の難点かも。
骨と甘い物以外に興味がないという主人公ではあるけど、逆に独特の死生観を持っていたり、独自の視点で人を見ているはずなんだけど、あの口調だと、もう一つ魅力的に見えない。

前期の「嫌われる勇気」の香里奈もそうだけど、無表情で感情がないように見える人物を魅力的に演じるのは難しいのかも知れない。


フランケンシュタインの恋

「泣くな、はらちゃん」的な無垢な男主人公の一途な恋の物語ですかねぇ。

初回は、フランケンシュタインがヒロインに出会って、人間界に下りてきて生活の場を確保するまでをコメディタッチに描き、嫉妬(?)に駆られた感情の発露で、ヒロインの姉が意識を失ったところで終了。

うーん、流れ的にはシザーハンズっぽいですかね。
王道といえば王道で、どう料理するかはこれからという感じ。

綾野剛の入浴シーンもあったし、王道ロマンス物が好きな女性がターゲットなのかも知れない。
まぁ、綾野剛のガチガチの筋肉を見たら、男性視聴者はちょっと引くかも、というか引いた。

王道ラブロマンス物として、ああなったらこの路線で、こうなったらあの路線でと、展開を想像するのも楽しいかも知れない。

テンポが悪いということはなかったけど、1時間半はちょっと長すぎだったかな。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント