最終回その9


緊急取調室

あっと、書いたつもりで忘れてるいつものパターンだ。

最終回は天海祐希の殉職した警官だった夫にそっくりな男が起こしたテロ事件の捜査でした。
伏線として、キントリ解体? これが最後の事件か? があったんだけど、これはあまり効果的ではなかったような気もする。
まぁ、最終回へのクライマックス感マシマシ装置だったかな?

ベテラン勢そろいのキントリメンバーと、ゲストの対決は毎回充実してて面白かったんだけど、事件そのものはスタンダードなものが多かった印象。
スタンダードな事件から、犯人の意外な動機や心情を聞き出すのが、このドラマの面白いところだから、それでもイイんだけど、もうそろそろ、冤罪事件→隠蔽→主人公たちへの不当な圧力→立ち向かう主人公たち→条件つき勝利 の方式は、水戸黄門並みな予定調和になってきたと思うの。
まぁ、王道といえば王道かも知れないけど。


櫻子さんの足下にはしたいが埋まっている

うーん、なんでコメディ風味を足してしまったかなぁ。
枠的に家族揃って安心して見られる内容でないとダメなのかなぁ。
どちらかというと、ホラー風味を足したほうが雰囲気にあっていたような気がする。

で、まぁさぁ、最終ボスの林泰文ですよ。
そりゃ、出てきた瞬間怪しいじゃないですか。
もちろん、いい人役もやってるんだけど、あのタイミングで林泰文が出てきたら、そりゃもう間違いなくって感じで。

そして、柴俊夫に首元にナイフを突きつけられてるとはいえ、観月ありさと柴俊夫の会話をただただご拝聴してる林泰文。
会話の内容も、柴俊夫に殺人を起こさせないよう正論で説得してるだけというね。

なんか、スタッフの気力が切れちゃったのかな? と思わせるような箇所がチラホラ。

ドラマ作りは色々難しくなっているのかも知れない。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント