FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ初回その1


植木等とのぼせもん

小松政夫原案、語りによる、植木等伝説的な内容なのかな?

NHK は、トットてれび でも、テレビ黎明期を扱っていたし、悦ちゃんも昭和だし、なんかレトロな企画が多いな。
まぁ、好きだけど。

さて、初回の内容は、一躍時代の寵児となった植木等が、その多忙さから身体を壊し、付き人(のちの小松政夫)を雇うまで。
まぁ、第2回も放送しちゃってて、華やかな芸能界と、師弟愛を通して植木等の素顔的な物も垣間見れる構成なのかなと。

小松政夫原案となると、どうしても植木等が神扱いになってしまうと思うんだけど、その辺のバランス次第かなぁ。
あまり、植木等を礼賛しても鼻につくような気がするし。

当時の芸能界、テレビ界のとんでもエピソードを面白おかしく描きつつ、植木等他、クレイジーのメンバーの人となりがさりげなく語られるような内容だと嬉しいなぁ。

番組冒頭で小松政夫が十八番の淀川長治の物真似で、あらすじを説明してて、懐かしくはあるんだけど、若い人に分かるのだろうかという心配も。
あと、小松政夫が出演していることで、どうしても「小松政夫視点のドラマなんだろうなぁ」、と、個人的には思えてしまうのが、惜しい感じ。

にしても、山本耕史の声が存外植木等に似てて驚く。
寄せているのかなぁ。

トットてれびの満島ひかりも似てたし、HNKはその辺、慣れているのかも知れない。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。