最終回その4


ハロー張りネズミ

実のところ、録画が失敗していて途中何話か飛ばしちゃってるのよ。
で、瑛太と深田恭子がくっつくエピソードとか見逃しちゃった。

原作の持つ雰囲気とは全く異なるようにも思えるんだけど、これはこれで好き。

蒼井優も単発ゲストじゃなくて良かった。
森田剛のドラマ出演作を久しぶりに見たけど、こちらも良かった。

続編希望。


悦ちゃん

碌さんが最後までモテモテなのでー。

というわけで、ユースケ・サンタマリアと門脇麦が結婚して、「パパママソング」はスマッシュヒットしたけれど、専属契約は結べなかったという結末。
まぁ、貧乏だけど楽しい我が家的な?

この枠は時代劇ではなく、昭和のドラマ(いや、若い人には充分時代劇なのかもしれないけど)枠になるんですかね?
これはちょっと惜しいけど。
土曜8時台も似たようなコンセプトだしなぁ。
まぁ、土曜のほうはオリンピックを盛り上げる意味で、その時代のドラマをやると意図はあるんだろうけど。

NHKはどうも、ワタシの好きなジャンルをBSでやったりするんだ。
地上波はバラエティが増えちゃったし。
バラエティにはお金払いたくないぞよ。


ウチの夫は仕事ができない

松岡茉優がサーバルちゃんみたいに錦戸亮を「すっごーい」と褒めるのを見て和むドラマかと思ったけど、そうでもなかった。
まぁ、ぬるーい感じで、仕事や家庭の悩みなんかもあったので。

深刻にならないというコンセプトは分かるけど、そういった悩みを描くなら、もう少し視点が変わってると良かったかも。
あるあるな悩みを軽く描くと、「そんなわけあるか」になっちゃうしね。

あと、あのミュージカル仕立ては、面白い面白くないではなくて、もう少し劇の内容に反映できなかったんだろうか。
一応、今週はこういうお題で、というのは分かるんだけど。

そして、最終回の錦戸亮の長ゼリフ、頑張ってたし、女性向けのドラマということも分かるんだけど、内容が女性が喜びそうなことを羅列してるだけだったので、途中から頭に入ってこなくなってしまった。
男性視聴者が、「仕事が出来なくてもいい」と思えるような内容だと良かったのだが。

と、そういう意味では松岡茉優が「すっごーい」と褒めてくれるだけのドラマじゃなかったのが惜しいのだった。


コードブルー

ラス2で崩落事故、すわ、山P生き埋めかと思わせておいての実は浅利陽介でしたは、きたないなさすがフジテレビきたない。

そして、最終回の時間拡大スペシャルで、緊急出動から崩落事故までダイジェストでお送りする、継続視聴してた人の時間を無駄に消費するフジテレビ、きたないな(略

まぁ、若手ドクターの成長物語と、シリーズ当初は若手だった主要メンバーの指導医になってからの悩みという2本立て構造は面白く出来ていたと思う。

戸田恵梨香先生も彼氏できたし。

柳葉敏郎の映像が回想でも出てこなかったのは残念。

インカムとメガネが本体さんがお気に入りでした。



というわけで、ざっとまとめて。

忙しいわけでもないのに、時間が上手くやりくりできず、途中で視聴をやめてしまったドラマが多かったなぁ。
秋~冬ドラマは、もっと少なくなりそうです。
楽しみにしていてくれる方がいるわけではないだろうけど、一応、謝っておきます。すみません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント