FC2ブログ

Youtube 動画制作に思うこと


偉い人から頼まれて、いくつかの Youtube チャンネルで動画制作のお手伝いをしました。
再生回数で言えば数万回程度行った物もあれば、数十回程度の物もあったんだけど、まぁ、最終的には上手く行かなかったですね。

その辺を踏まえて、感想のまとめ。

創作系のチャンネルと、街ロケみたいなチャンネルがあったんだけど、どちらも最終的に「再生回数が上がる内容ならなんでもいい」という意見が強くなって駄目になっちゃいましたね。
駄目になったというのは、動画の内容とか配信ペースとかいうことよりも、雰囲気が悪くなってしまったということです。
人間関係が悪くなったというか。

Youtube の動画配信は、割と簡単に出来てしまうので、始める前にマイルストーンを刻んでおいたほうが良いです。
一人で余暇に気が向いたときに制作するなら別ですが。
まぁ、それも「一人で気が向いたときにやる」というマイルストーンと言えなくもないけど。

例え、少人数で制作するにしても、この期間に、これこれこういう結果を目指す、という目標は持ったほうがいいです。
これは全員で認識していたほうがいいです。
「再生回数100万回目指すぞー!」「おー!」的な適当な感じで始めると、再生回数が上がらないときに最悪な結果を招きます。

あと、再生回数以外に目的を持ったほうが良いです。
売名行為でも、動画制作の実績作りでも、何かの宣伝目的でもいいです。
続けることに意味があることが含まれているとより良いですね。

創作系のチャンネルでは、その偉い人は他に目的があったようですが、なぜか現場には聞かされておらず、結局のところ、再生回数が上がらないとその目的が達成できないため、上がらない再生回数に苛立ち、現場Dに文句を言い始めちゃったりしてました。

広告も打たずに数万回再生した動画もあったので、製作現場では成果が徐々に上がってきていると感じ始めていたので、一気に熱が冷めちゃった感じになりました。

で、なんでか、偉い人っていうのは、最初に「君たちが楽しんで創作できる場を~」みたいなことだけ言うのね。
モチベーションを下げてはいけないという配慮なのかも知れないけど、後出しで「実はこれこれという目的があって、こういう成果が上がらないと駄目なのだ」と言われましてもね・・・。

街ロケのほうは、割とホントに楽しんで作ってくれればいいという雰囲気だったんだけど、出演者のほうがキャパオーバーしちゃった感じ。
出演者といってもタレントさんではないので、バラエティ番組の芸人さんのようなことは出来ないし、コンテンツの面白さとして、限界がきちゃったと言えば良いか。
まぁ、苦虫噛み潰したような顔の街ロケ番組なんてものは成立しないので、企画変更しようとしたところ、出演者がギブアップしちゃった。
企画の案出しもやったけど、出演者は「あーでもない、こーでもない」で、「じゃ、どんなことなら出来るんだ!?」と、雰囲気最悪。
こちらも元を正せば再生回数の伸び悩みが原因。

両方とも現場の雰囲気が悪くなっちゃって、モノを作る雰囲気ではなくなっちゃった。
まぁ、雰囲気を悪くして、現場のモチベーションを下げて、自然消滅させるのが目的だったなら、高度な戦術で、しかも成功してる。

これも、動画配信に再生回数以外の目的があって、最低限それが出来ていればクリア! という雰囲気を、最初に作れていれば問題なかったかも知れない。

で、ケジメのつけ方なんだけど。

上記の雰囲気を悪くして自然消滅というのが最悪で。
最悪ではあるけれど、見てきた中では一番多いパターン。

作り手がいなくなっても、配信は続ける(動画を削除しない)わけで、その辺の事情もあるのかも知れないけど、どうも、うやむやなうちに制作中止になるパターンが多い。

例えば、口先だけでも「これから新規動画は企画を厳選したいので、企画書をここに送ってくれ」とか言って、一箇所窓口を開けておけばいいのにと思う。
実際に企画が持ち込まれたら却下すれば良いだけだし。
なんで、うやむやのまま遮断しちゃって、作り手側のヘイトを稼ぐのかね、不思議。

マイルストーンが刻んであれば、再生回数が上がらない場合でも、そこで一回企画の練り直しもできるし、止めようかという相談もしやすいと思う。
まぁ、そのマイルストーンがプレッシャーにならないようには気を使わなければならないけど。

あと、SNS との連携がヘタクソなところが多いですね。
理由は管理が大変だから。
管理するのは動画を作らせてる偉い人側なんですね。
自分たちの負担は増やしたくないけど、SNS の公式アカウントを外部(制作現場)に委ねて、万が一にも炎上されたくない。
結果、放置っていう。
Twitter で、bot を使ってみればと言ったら、使い始めたけど、今度は動画の URL がリンク切れしててもそのまま垂れ流し。

なんで、Youtube で動画配信を始めようと思ったんだってね。


まぁ、ダラダラ書いてきましたが、Youtube の動画配信は簡単にできて、しかも簡単に止めても誰に咎められることもない分、他人と共同製作するときは、よっぽど気をつけてやらないと人間関係を壊しますよと。
なんだかんだ言って、動画制作って大変ですからね。

まぁ、自分が個人で楽しんでやってる分には問題ないけど、他人に作ってもらうときはね、簡単に考えないことです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント