FC2ブログ

ドラマ初回その1


昨年末、ネットショッピングで(ワタシにしては)高額な買い物をしたんだけど、そのサイトから「この前の買い物のときについたポイント数千円分の有効期限が切れるよ」とお知らせが来た。
数日考えたんだけど、結局、その数千円がもったいないので、また買い物をしてしまった。完全に貧乏人が陥るスパイラル。

まぁ、何だ・・・、高額と言っても数万円のこと、ぐずぐず悩まないで買えるような稼ぎが欲しいものよ。
と新年の切なる願い。神よ、なにとぞ。


FINAL CUT

マスコミの報道により母を自殺に追い込まれた亀梨和也の復讐劇。
その復讐方法は、事件関係者の映像を巧みに編集し、脅迫材料とすること。
事件関係者を脅迫し、操りながら、母の死の真相を探る、というのが骨子かな。

この手の復讐劇だと、緻密な伏線とその回収時、復讐達成時のカタルシスが面白みになるんだろうけど、本作はどうだろうか。
アリスの棘とか嘘の戦争とか、まぁ、面白くないわけではなかったけど、その辺は粗かったし。
日本のドラマだと、どうしても分かりやすさを優先してしまうから、緻密な伏線ってところが難しいのかも知れない。

一方でコメディ・タッチの復讐劇だと、前クールの監獄のお姫様が出色の出来だったので、2クール続けても比較されちゃうだけだし。

まぁ、キャストと役柄は面白いと思うので、今後の展開に期待。

栗山千明が、ほぼスッピンじゃないかと思うほどのナチュラル・メイク。肌が綺麗っておトクよね。
藤木直人が暴力的。
やついいちろうは、ひよっ子、ユニバーサル広告社に続き、3クール(?)連続でドラマ出演。
俳優業に転向したのかな? モデル出身の俳優が多い今日このごろ、こういう役柄は芸人さん出身が多くなっても仕方ない。


anone

「Mother」、「Woman」に続く~、と言われるとちょっと身構えてしまう自分がいるわけです。
家庭とか家族とかをキチンと理解できていないと、この手のドラマは物語を正しく把握できないだろうと思うからです。
漫才で例えれば、一般常識がないと、ボケを正しく理解できず、ツッコミが入っても何が面白いの? となってしまうのに近いかも知れない。

で、ワタクシ、このところ、家族とか家庭について、一般常識がないのでは無いかと自分を疑っているのです。
まぁ、そんなわけで、この手のドラマを見ると我を鑑みてしまって、ドラマに集中できなかったりするわけで。

でも、見てみましたよ。

面白かったです。
会話は絶妙だし、テンポも良いし。
お涙頂戴しようとすればいくらでもできる内容なんだけど、さらっと描いて、そこがまた泣けるし。

とはいえ、自分のことを考えてしまって、別の意味で悲しくなったりならなかったり。
この辺は製作者サイドも折込済みなんだろうか。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント