FC2ブログ

ドラマ初回その3

リキッド・カートリッジ・タイプの電子蚊取り器、ダニ用の薬剤があれば通年使えるのに、なんで出さないんだろ。
ダニ用だと拡散量が足りないとかで、効果ないのかな。


99.9-刑事専門弁護士 SEASONⅡ-

前シリーズからキャストの変更はあったものの、演出などはそのまま、ダジャレあり、小ネタありの楽しい作り。
松本潤の何か企んでそうなキャラもそのまま。

新キャストの、元裁判官の木村文乃は、裁判官時代に何かやらかしてそうだけど、この話は引っ張るのかなぁ。
最近、この手の暗い過去を引っ張って、良い結果になったドラマ少ないからなぁ、心配。

初回は前シリーズからのメンバーのその後や、新メンバーの紹介などもあったためか、事件自体はそれほど複雑でもなかったかな。
とはいえ、その辺の話も無理に尺を割いたわけではなく、事件絡みでさり気なくやるあたりが上手い演出。
まぁ、いくらクドくなくと言っても、会話で、「あの人どうした?」「ああ、今、こうなってるよ」とかやられるのもアレなんだけど。

木村文乃は、松本潤に反発してるけど、反発するヤツがいないとドラマにならないのかなぁ。
話は作りやすいと思うんだけど。
反発するキッカケも、事実を追うという松本潤と、情状酌量を狙うべきという木村文乃の弁護方針の違いからだし。
木村文乃の過去話と関係あるんじゃろか。
何もそこまで嫌わなくてもいいんじゃないかって気もするんだよね。

というわけで、本格始動は次回からっぽいですね。

さすがに予算もかかっているようだし、期待は膨らむ。



海月姫

まぁ、アニメは見たんですけどね。
「月9史上、一番ややこしい三角関係」とか番宣でやってるのを見て、萎え萎えになる。
まだ、「月9」がブランドだと自分で言っちゃう恥ずかしさに気がついてないのか、フジテレビ。
人気ドラマを作って、周りから「さすがは月9」と言われるものなんですよ。
というか、もう「月9」にブランド価値あるのかどうかも分からないんだけど・・・。

と、月9の話は置いておいて。

まぁ、難しい題材を持ってきたものです。
かようにブランド意識の高い枠で、オタネタやるとなると、ちょっと演出を間違えるとオタクDisになっちゃうから。
というか、初回でチラチラ見えていたような気がする。
まぁ、原作も古いといえば古いので、オタク像が現代とは違っているのかも知れない。

さて、瀬戸康史の女装に触れねばなるまい。
頑張っているとは思うんだけど、女性が見て憧れるような女性になっているかというと、まぁ・・・。
まぁ、ドラマだからと割り切ればいいか。

工藤阿須加は、まだぎこちないところもあるけど、慣れてくれば大丈夫かな、コメディ・シーンは少なそうだし。

主演の芳根京子は良かった。
挙動不審なところも、おしゃれして化けるところも違和感なかった。
まぁ、ちょっとシリアスが重くなりがちなので、その辺の塩梅かなぁ。

コメディ・シーンは要潤と木南晴夏にまかせておけば、何とかなりそうなんだけど、二人の絡みはあるんじゃろか。
出番も多くなさそうだし、残念ではある。

ということで、今後に期待。

番宣を含めて、変な演出を入れないで欲しいもの。
そろそろ「月9」を普通のドラマ枠として考えてくれ。
ホントに頼みますよ、フジテレビ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^