FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お役所が


同じクライアントさんから2件お仕事のお問い合わせがあって、まぁ、2件とも請けるつもりで打ち合わせと準備を進めていたんだけど、その内の1件の作業内容が変わってしまって、同時に2件どころかその1件だけでもワタシの処理能力ではムリゲーで、やむなくお断りしたら(というか、お手伝いならできるけど…、みたいな言い方したんだけど)、どうやら2件共クライアントさんにご発注の意思がなくなってしまったようで、その後、一切連絡なくなってしまった。
ホント、人付き合いはワタシには難しくてどうにもならん。


さて、財務省の決済書改ざん問題から、どうにもお役所方面からきな臭い話しが聞こえてきますが、今度は、無いと言っていた防衛省のイラク派遣時の日報が出てきましたよ、と。
しかも、1年以上前に見つかってたけど、幕僚に知らせされたのは2月末、そして大臣に知らせされたが3月末って。

まぁ、野党は隠蔽だと言っているようだけど、1年前に当時の稲田大臣を、派遣先が戦闘地域だったのか否かで追い詰めようとして開示を求めた資料が出てきたのだし、まずはそこから始めて欲しいもの。
それとも、もう、そこには攻め手がないのが判明したのかな。

そして、稲田氏がお怒りのようだけど、いやいや、もし、これが隠蔽なら、当時「出てきたらマズいんじゃないの?」で、大臣に気を使って隠蔽してる可能性もあるわけで…。
まぁ、そのあとの選挙違反に問われかねない発言で自爆しちゃったけど。

というかさ、証人喚問が終わって一段落ついたとはいえ、改ざん騒ぎの最中で、しかも、陸上総隊が発足したばかりのこの時期に、「実はありましたー」と発表するって、自衛隊や防衛省は改憲したくないのかと思ったりもする。

まぁ、由々しき問題ではあるのだが、大臣の責任はあまり問わないほうがいいのではないかと思っていたりする。
防衛省側が気に食わない大臣の首をすげ替えたいときに便利に使われちゃうような気がするのよね。
大臣に「その資料ないです」と報告&国会で答弁させたあとに、「出てきました」ってーと、大臣が変わるって寸法よ。
旧陸軍時代に、「大臣を認めない!」して、内閣を成立させず、実質、国会を牛耳られた過去があるわけですし。



文科省の前川氏の授業への横やり問題、「前川氏は天下り問題により辞職し、停職相当とされた経緯がある」ってさー、まぁ、これを言い出したら、前述の稲田氏なども、実質、大臣を引責辞任してるわけで、稲田氏がどこか学校で特別授業やるときは、文科省は適切に法に則って質問して欲しいもの。
まぁ、稲田氏に限ったことじゃないけどね。
別に「法に則って適切に」というなら、それはそれでもいいけど、公平性は保てよと。



まぁ、まだ判決の出ていない被疑者の籠池氏を、すでに詐欺師している段階で、ちょっとどうか思うんだけど。
推定無罪はどこへ行った。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。