FC2ブログ

最終回その1


未解決の女 警視庁文書捜査官

うーん、面白くないわけじゃなかったけど…。

波瑠が猪突猛進型の肉体派刑事ってところで、ちょっとちぐはぐな感じ。
演技は頑張っていたと思うけど、根本的なところがね…。

あと、「捜査一課長」との世界観のクロスオーバーというかコラボや、波瑠と沢村一樹の出演ということで、朝ドラを連想させるようなセリフがあったり、ちょっとメタが多かったかなぁ。
やりようによっては面白いんだけど、くどかった感じ。

決めゼリフの「文字の神様が下りてきた」も、ちょっと弱いというか、グッと来ない感じだった。
まぁ、これは慣れるほど話数が多くなかったということもあるかもしれない。

最終回は例のごとく、警察OBによるなんやらかんやらで、真相を暴くというお話だったけど、まぁ、最後に「捜査一課長」が岩城滉一を一喝して終わったのは、変に鈴木京香、波瑠が説得するような内容より、グダグダしなくて良かった。
こういうクロスオーバーなら納得。

とは言うものの、実は谷村美月が三億円強奪の計画を立てていたという真相のほうを、もう少し掘り下げて貰ったほうが好みだったりしたかな。

うーん、たぶん制作者が目指したところと、ワタシの期待していたところのズレが大きかったんだと。


執事西園寺の名推理

自分が保守的になってるのかもしれないと疑問を抱きつつも、面白かった。

まぁ、この枠にはありがちだけど、もう少し予算があれば…と、思わなくないが、まぁ、予算があったらあったで、別の方向に走りそうなので、このままでもいいかな。

番組タイトルのロゴからして、雰囲気があって、それに違わぬ内容だったし。

まぁ、あえて惜しいところを挙げれば、上川隆也執事に全くスキがなかったところかな。
最終回に何か人間臭いところを出すかと思ったのだが…。
まぁ、その辺は佐藤二朗刑事の担当か。

ということで、続編希望。
何なら「三匹のおっさん」とこれのローテでもいいかなって。


コンフィデンスマン JP

うーん、予算をかけているのも分かるし、キャストも手堅いし、お話も面白くないわけじゃなかったけど、爽快感がもう一つ…。
これまた、ワタシが正しい見方をしていないのかも知れない。

お話としては勧善懲悪の形だし、最終的に長澤まさみ達、コンフィデンスマンが勝利するのは分かっているので、見ている側としては、最後の謎解きで、あ、あそこから騙されていたのか! となると、爽快感マシマシだと思うけど、そういう「やられた」感が少なかったかな。
これは、コンフィデンスマン側を描きすぎていたためかも知れない。
計画がうまくいかないところを描くのは良いとして、その計画がうまくいかないのは、もしかして計画じゃないのか? と思えなかったのは惜しかった。

最終回は、途中、阿吽の呼吸で、佐藤隆太をハメようとしていたくだりは面白かったんだけど、最終的に、最初からハメるつもりでしたというオチだったしなぁ。
まぁ、時系列としては、初回以前のエピソードということになので、ギリギリな感じ。

うーん、当初、映画化しそうな勢いではあったけど、なるかな? どうかな?
まぁ、2時間スペシャルドラマなら楽しめそう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント