FC2ブログ

新ドラマその3


グッド・ドクター

うーん、この、公式サイトのにこやかな笑顔…、そうなるときが来るんだろうか。

山崎賢人がサヴァン症候群の小児科レジデント。
自閉症のサヴァン症候群なので、他の医師や小児科患者の保護者から奇異の目で見られるわ、迷惑がられるわ。

初回も2話目も、患者の危機的状況を救ったんだけど、認めてもらえるどころか、突き飛ばされたり、患者に会うことさえ禁止されたり。

どうも、いわゆる曇る感じの内容なんだけど、今のところ、曇った分の爽快感が少ない。
まぁ、天才性は垣間見られたり、上野樹里先生と打ちとけ始めたりはしてるのでこれからという気はするケド。
でも、その上野樹里先生も、2話目で切羽詰まってなかなかの暴言吐いてたりし。

大病院が舞台だと板尾創路副院長のようなキャラクターが定番になってしまっているけど、効果的かどうかというと、どうにも…。
特に、このドラマは、テーマがテーマだけに、これいるの? という気持ちは拭いえきれない。

2話目終盤で、藤木先生がちょっと歩みよりを見せたものの、まだまだ先は長そうである。
終盤までは、患者のエピソード主体な気がしないでもない。



健康で文化的な最低限度の生活

生活保護がテーマなので、明るい内容にはならないよなぁ。
と、思って見始めたんだけど、まぁ、前半は暗かったけれど、後半、遠藤憲一が立ち直ったりして、展開が早くて良かった。

と、思ったら、2話目が、来るとは思っていたけど、不正受給がテーマで、しかも、1話完結じゃなかった。
次週、たっぷり吉岡里帆の躍動を描くのかも知れないけど、この手の内容は1話完結のほうが今日的かなぁ。

まぁ、絶体絶命みたいなところで終わって、次回解決編は王道だけど、その絶体絶命な状況が、ハラハラ・ドキドキならいいんだけど、どんより暗い気分になったところで終わっちゃったし。

不正受給の原因となった長男の、「バカで貧乏だと夢見ちゃいけないのか!」は、うーん、まぁ、ずいぶん前に貧困家庭の原因は教育にあるとの研究結果が出ているし、その通りなんだけど、その通りすぎて、「その通り」としか返事ができない。

まぁ、吉岡里帆の成長を描くことが主眼だと、どうしたって、吉岡里帆がやらかす→田中圭が法律に則った事務的対応を求める→吉岡落ち込む→遠藤憲一が励ます→井浦新が法律に則りながらも人間味のある対応をして、吉岡納得、みたいな流れになっちゃうところもちょっと…。次回裏切られるといいんだが・・。



ハゲタカ


NHK版が好きだったので、どうしても比較してしまうんだけど、別物としてみたほうが良さそげな予感。
NHK版は原作から大幅に変わっていると聞いたし、もしかしたら、こちらのほうが原作に近いのかもしれない。

まぁ、NHK版の重厚感はない、というか、あれを民放の連続ドラマで再現しろと言っても無理な話なので、そこは割り引くけど、展開が物凄く早い、ように感じる。

NHK版で描かれたハゲタカの苦悩や挫折というよりは、綾野剛が銀行や六角精児に啖呵を切ったところに見られるように、ドクターX的な痛快娯楽ドラマな方向なのかも知れない。

どんな味付けがされていくのか、今後の展開に期待。



探偵が早すぎる

事件を未然に防ぐ探偵ということで、色々妄想が膨らんでいたんだけど、広瀬アリス令嬢の専属ボディガード的な探偵のようだ。

一応、これから起こる犯行の手口と犯人は、推理を持って割り出すんだけど、比重としては、推理よりも犯行をいかに防ぐかのほうが大きいような気がする。

滝藤探偵の、その犯行を防ぐ手口が、いちいち回りくどいんだけど。

この枠だし、深く考えずに滝藤賢一の怪演と、広瀬アリスの絶叫を楽しめばいいような気がする。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント