FC2ブログ

新ドラマその3


刑事ゼロ

事件中、犯人に追い詰められ生命の危機を感じたことにより、心因性の記憶喪失になって、刑事時代の記憶を一切なくして、捜査手段を忘れてしまった刑事の事件簿、という形になるかと。

沢村一樹の、敏腕刑事時代と、記憶をなくしてオロオロと直感と推理力だけで捜査する刑事の演じ分けなどは面白いし、初回の謎解き部分も本格な雰囲気で良かった。
まぁ、できれば符号については、冒頭で一度別エピソードで振っておいてたら、なお良かったかも。

瀧本美織の、実は沢村一樹刑事の熱狂的なファン(?)だった、なところも面白いんだけど、ここはもう少し誇張しても良かったかな。
自分のクビがかかってるので、イヤイヤバディになったという描写のほうが、ちょっと濃かったように思う。

冒頭、犯人を追い詰めるシーンでのアクションと、記憶を失ってからの推理物展開のコントラストも良かった。

まぁ、符号が段々大きくなっている! で、犯行現場を特定するのは、なかなかの力技だったとは思うけど。



スキャンダル専門弁護士 QUEEN

うーむ。
まぁ、弁護士物だからと言って必ず法廷に立つ必要はないけれど、危機対策コンサルみたいなことが主軸になるのかな。
となると、弁護士である必要があるのかどうかって話になっちゃうんだけどね。

ドラマの雰囲気自体はオフビートっぽくて好きなんだけど、女性ばかりの弁護士事務所に新人男性弁護士って構図が、これまであったドラマの逆転構造になってるだけで、ちょっと分かってないな…な感じ。

で、ストーリー自体は、女性アイドルグループの男性スキャンダルをきっかけにした、メンバーのトランスジェンダー問題とか、芸能事務所のアレ的ところとか、色々と話題になりそうなエピソードを散りばめてはいたんだけど、どうも、「そうだったのか!」感が希薄。
メンバーの謝罪会見を放送するとか、アレとか思い起こさせるけど、まぁ、なんというか、話題性を狙ったのかな? と思うと、ちと現実に引き戻される。この辺は塩梅かなぁ…。

で、最終的に、解決策が事務所社長への脅しと、野心的なアナウンサーへの報道規制の「お願い」。

ちと、全体的に薄味な感じだったかなぁ…。



メゾン・ド・ポリス

気楽に見られる作りだと嬉しいんだけど、高畑充希と西島秀俊が曇りがちなのが気がかり。
退職警察官たちの無双さと気楽さはいいんだけど。

まぁ、初回で設定や人物紹介に時間が割かれるのは仕方がないとして、事件自体の描写をもう少し焦点をしぼったほうが良かったかな。
冤罪だった場合の逮捕した刑事の責任と、別に犯人がいる捜査と、どちらに重心をおいたほうが、西島元刑事が刺されそうになって避けなかった意味も分かりやすかったかな、と。

次回からに期待かな。



グッド・ワイフ

で、こちらも弁護士物。
うーん、ちょっとこれもいまのところ惜しい感じ。

主婦やりながらの弁護士復帰って大変だと思うけど、どうも、その描写がくどい。

家事が終わった後、弁論の練習をしてたのに、実際、法廷に立つと実践できないとか、ちょっと違うかなと思う。
そこはちゃんと練習通りにできるけど、想定してない反論にあって答えられず、やはりブランクが…、ってな流れのほうが良かったような気がする。
まぁ、あそこは小泉孝太郎弁護士の有能さを語りたかったのかもしれないけど。

事件に関しては、まぁ、最後に逆転して爽快感はあったものの、常盤貴子弁護士と関係ないところで真相が分かって、の結果だったので、何割か減っちゃったかなぁ。
この枠は、前クールで下町ロケットだった爽快感マシマシじゃないと結構ツラいと思うんですよ…。

こちらも今後に期待。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント