FC2ブログ

最終回その3


グッドワイフ

うーん、面白くないわけではなかったんだけど、ちょっと散漫だったような気も。
この枠は、男性向けの重めの内容のドラマが多かったので、女性も取り込んでいこうという意図は分かるんだけど。

女性の職場復帰や、恋愛模様、不倫、DV、法曹界の闇など、盛りだくさんではあったんだけど…。
男性向けの内容であるm唐沢寿明検事の上司の不正を暴くという最終目的も、わりとフワッと「証拠を見つけた!」で決着しちゃったし。

まぁ、最終的に家族が和解してた感じだったのは、この枠らしいんで、その他の女性向けの内容はああいう決着しかないかな。
とはいえ、滝藤賢一が事実発覚で自殺ってのと、その他の決着のつけ方の乖離は気になったなぁ。


トレース~科捜研の男~

こちらも、もう少しだったかなぁ。
科学捜査物のヒット作が多い中で、どう新しさを出していくのかと思ったけど、新鮮味はあまり感じられなかったなぁ。
主人公が過去の事件の遺族だったりするのも、うーん…、って感じで。
あまり、科学捜査がメインだった気がしなかったのはなんでだろう。

アンナチュラルのヒットで、オレたちもやろうぜ的なノリを感じてしまって…。


初めて恋をした日に読む話

受験話をメインに据えていた中盤くらいまでは見やすかったんだけど、終盤ファンタジーにターボが掛かってしまった感じ。
まぁ、予想はしていたけど。
とはいえ、女性向けなので、女性には面白かったのかな? と。
ラス2くらいまでは、ギリギリ良い塩梅だったかと思う。

深田講師が、受験当日に事故に合って意識不明から一気に、ケータイ小説的な展開に。
まぁ、結末をあそこに持っていくなら、そうなるかな。


相棒 season17

相変わらず、安定した内容。
ではあるものの、そろそろ新味をですね…。

これからサイバー系の内容も増えてきそうだしと、浅利陽介を配置したものの、最近はちょっと便利屋になっちゃってるかな。

まぁ、鈴木杏樹女将の卒業はなかなかショック。
そして、過去映像も放送されたり。

しかし、公式の相関図に愛情を感じられる一方、エライことになっている。


イノセンス 冤罪弁護士

こちらも、アンナチュラルのヒットでオレも、みたいな感じがしなくもない。

無罪は勝ち取っても、爽快感が少なめだったなぁ。
やっぱり、真犯人が見つかるみたいな展開のほうが娯楽としては正しいのかも知れない。
が、弁護士の仕事じゃないしなぁ。

この辺、SUITSの海外版と日本版の爽快感の違いと同じかも。

ちと、振り切り方が足りなかったような…。
いや、このドラマだけじゃなく、最近のドラマ全般、あっちこっちからパーツ集めてるような…。
パズルじゃあるめーし。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント