FC2ブログ

最終回その3


パーフェクトワールド


有り体に言えば、山本美月目当てだったので、あんまり山本fが曇る展開は面白くないんだけどなと思ってました。

曇る場面も、そこそこ多かったんだけど、あまりくどくなくて良かったかな。

まぁ、しかし、瀬戸康史のセリフにあったように、「失恋のショックにつけ込んで」な婚約だったとしても、婚約破棄して元鞘ってのは安易だったかなぁ。
こういうのも王道って言うのかな…。

大ボス、松重豊の心変わりも、初めて自分がその立場になって~、というのは分かるんだけど、どうも、すんなり腑に落ちない感じ、力技に感じちゃって。

まぁ、タイトルからして、テーマ的にファンタジーよりに描きたかったところもあるのかも知れないけど。


わたし、定時で帰ります。

最近の働き方改革をテーマにしたドラマでは上手く行ったほうかな。
人それぞれの幸福があって、それに合った働き方を考える…、結論が出ていないというのは面白かったです。
これまでの働き方改革ドラマだと、正解を押し付けてくるので、「なんか違う…」となっちゃうし。

ユースケ・サンタマリアがボス的なポジションだったけど、ちょっと説得力がなかったかな。
他の登場人物に比べて、だけど。
ホワイト推奨な会社に在籍していて、わざわざブラックな環境にならざるを得ない仕事を取ってくるのがそもそも…。

あと、パーフェクトワールドいたんだけど、主人公が婚約している相手と上手く行ってないなさそげな雰囲気出してると、別れちゃえ的に後押しする役ってなんだろう…。
普通、そこまで他人の人生に、(無責任に)介入しないんじゃないかと思ったり。
恋人ならまだしも、婚約してるんだし…。

で、こちらも元鞘っぽい終わり方。

さて、幸福とはなんだろう。


特捜9 season2

うーん、面白かったんだけど、事あるごとに解散の危機を煽ってくるのは勘弁してほしかったなぁ。
最終回で、班長が去る伏線ではあったんだけど、それもちょっと弱かった感じ。

謎解き方面では、ミステリーの名作をちょっと捻ってくるタイプが多くて面白かったです。
ま、そのタイプのミステリーが増えているので、そのうち飽きちゃうかもですが…。


緊急取調室

相変わらず、濃密な演出で面白かった。
けど、特捜9と同じく、解散の危機を煽ってくるので、ちょっと…。
まぁ、構造がダブるとねぇ…。各局、話し合ってもらえないものか。


ストロベリーナイ・トサーガ

新キャストでのリメイクで、驚きは少なかったものの、面白かった。
本放送では時間が合わないときもあり、深夜再放送を録画して見てたんだけど、歯抜けになるのは勘弁して欲しかった。

竹内結子版では、グロさと切なさの組み合わせが新鮮だったけど、その驚きは薄れたかなぁ。
時代は進む。テレビの表現も変わっている。


インハンド

今クールで一番楽しみだったかも知れない。
天才科学者物と思わせておいて、バディ物だったし。

天才をもってしても、救えない回があるのは良かった。
というよりは、天才は人を救うことに興味がなかったのかも知れない。

コメディー・シーンもやりすぎということもなく、クライマックスでのシリアス展開も無理がなかった。


集団左遷!!

「わたし、定時で帰ります。」の逆を行くような「頑張る」をテーマにしたドラマでした。
内容的には、まぁ、銀行を舞台にした、内部的なアレ。
面白くないとは思わなかったけど、新鮮味はなかったかな。
この内容だと、もう少し銀行利用者側のほうを描いたほうが、興味深く見られた気がする。

そして、福山雅治のルックスが良すぎた。
もう少し、三枚目のほうが合ってた気もするのよね。
曇りっぱなしも困るんだけど、主人公に葛藤がないようなテンポだったかなぁ。
意図的だとは思うけど…。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント