FC2ブログ

ドラマ初回その2


なんだか、暇人の割にバタバタしてしまって、中々録画が消化しきれない。

グランメゾン東京


最近の日曜劇場らしく、予算をかけた重厚で、王道をいくストーリーと演出。

2週連続で時間拡大したけど、開店までは急いだ感じかな。
特に銀行融資のくだり。

鈴木京香が面白いキャラだなぁ。1,000万円持って行って引き抜きとか。

王道ではあるんだけど、ライバル店が脚を引っ張ったりするところ、どう、イヤミなく描けるかかなぁ。
悪者は悪く描くのはいいんだけど、他に努力するところがあるだろ、とツッコミたくなるくらい、そっちに一生懸命になられるとギャグに見えちゃったりするし。


ハル ~総合商社の女~

中谷美紀が、シングルマザーのキャリアウーマンを爽やかに演じている。
まぁ、設定は、あぁ…って感じではあるけれど、主人公の前向きさは好感。

副社長の奥田瑛二が、社長がヘッドハンドしてきた主人公の足を引っ張る悪人役。
うまいんだけど、毎度、藤木直人に丸め込まれちゃうので、もう少し、愛嬌ある間抜けな感じでも良かったかも。

で、子役なぁ…。
最近の子役は、いや、昔もか、滑舌が良すぎるのが気になってるのよなぁ。
番宣のインタビューでもハキハキしててなぁ…。
もうちょっと、人見知りしたり、訳の分からないこと言ったりしてくれないかなぁ、と思ったりはするんです。


特命刑事カクホの女2

この気楽に見られる嬉しさよ。
そして、オープニング映像の本編との無関係さよ。

こういうのは、「ほう、ほう」とうなずきながら、何も考えずに流されるまま見るのに限る。

麻生祐未の髪形はまぁ…。


ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~

松雪泰子が、天才工学者で自分勝手な性格って、合わないんじゃないかなと思ったんだけど、人の好さげなところが、かえってイヤミがなくて良い。

事故調査委員会の会議で、シャンシャンで終わらせようとしている中、反対意見を述べてもギスギスしないのは良い。
良くある対立を軸にしたストーリーではなく、あくまで謎解きが中心なっているからだとも思う。
他の委員も、特に松雪教授の意見をつぶしにこないので見やすい。

事故の原因が解明できれば、犯罪性に頓着しないというのはホームズ的ではあるが、失敗学の研究者というだけあって、事故の原因を作った人間に対して掛ける言葉は面白い。

ミス・ジコチョーの「ミス」は、失敗の「miss」に掛かってるのね。公式サイトを見るまで気が付かなった…。


少年寅次郎

男はつらいよの寅さんの少年期を描いたドラマなのね…。
新作映画も作られているようだし、連動企画なのかな。

まぁ、オヤジがクズすぎて、見てるのがつらいんだけど、井上真央のお母ちゃんがハマっていて救われる。
肝っ玉母さん的な役どころなので、どうなんだろうと思っていたが、恐れ入る。
さすがキャリアは長い。
そういや、子供のころは、男子をぶっ飛ばすような役をやっていたっけ。

クズなオヤジも、出征のときには、寅次郎に少しだけ優しかったしな。



というわけで、あとは、孤独のグルメ や、おいしい給食 なんかも見てます。チラ見。

あ、同期のサク ラ は、正論ハキハキマシンの話だと思うと、面白くないかなーと思ってたんですが、1話ごとに1年づつ時が経っていくらしいので、昔の常識はこうだった、で、今はこうなっているという面白さはあるかなと思ったり。
まぁ、主人公が、なぜ、現在の価値観を持ち合わせているのかという疑問は残るんだけれども。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント