FC2ブログ

ドラマ初回その1


絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

というわけで、新メンバーを加えた、和製「パーソン・オブ・インタレスト」シリーズ第2弾。

相変わらず、メンバーの過去、アクション、潜入、謎解きと、盛沢山の内容。
ただ、初回は、前シリーズを見てない人には、ちょっと分かりづらかったかも?

まぁ、好き嫌いでいうと嫌いな演出、時間遡り型で、水野美紀管理官が倒れている横で、沢村一樹メンバーが拳銃を持ったまま突っ立っているシーンが繰り返されて、ちょっと飽きる。
最終回が近くなったら、このシーンにつながるんだろうか?
そこまで引っ張るなら、予想外の相当な事情がないと面白くないだろうし、半ばでネタばらしの中エピソードくらいなら、ちょっとしつこかった気もするし、見ものではある。

にしても、沢村メンバーは苦悩しすぎな気もするのよな…。

久しぶりに水野美紀のアクションが見られたのは良かった。


知らなくていいコト

いわゆる女性向けのお仕事応援ドラマかと思ったら、割とサスペンス要素が強い。
というか、お仕事応援要素が薄い。
吉高由里子記者の取材対象がテーマとなって、1話完結の話が進んでいく。
ことさら、女性を蔑視して敵愾心むき出しの敵役とか出てこない、こういうのでいいんじゃないかなって思う。
そういう敵役をギャフンと言わせないと、女性視聴者には物足りないのかな?

吉高由里子が、ガムテープを取りに行くとき、スカートがチラッとして色っぽかったですね。
そのせいか、夢に出てきた吉高由里子と付き合うことになりました。
おめでとう、オレ。


アライブ

がん専門医ということで、終末医療なども取り扱う、生と死を見つめなおす真面目な内容。
もちろん、ドラマとしては、木村佳乃医師が、松下奈緒医師の夫を執刀し、植物状態にしてしまったのか否か? という大きな謎はある。
そして、松下内科医=診療、木村外科医=執刀、というバディ物でもある。

暗い内容になりがちなテーマだけど、良い塩梅で描いている。


ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~

山本美月とトリンドル玲奈なら見る。
けど、山本美月が、どうも魅力的に見えないなぁ。そういう役だからしょうがないところだけど。

お昼休み中のランチ合コン中の会話から、謎を見つけ出して、お昼休みが終わるまでに解決する、というのは面白い。
けど、「グルメ」はなぁ…。いる? グルメ…。
「恋」の部分は、トリンドル担当になってて、まぁ、これはお約束として、うまくいかないわけだけど。

山本が、トリンドルのランチ合コンに付き合う理由が2話目にして、かなり強引になってきたけど大丈夫か?
そこも含めて楽しみになってきた。


トップナイフ‐天才脳外科医の条件‐

うーん、天海祐希があんまり目立ってないなぁ…。
広瀬アリスのキャラが面白すぎるのかも知れないケド。
というか、外科医ものは多すぎて、天才外科医の価値がインフレ起こしてるのかも知れない。

脳腫瘍ができ始めた時期から患者の性格が変わったのではないか? の疑問からの、手術したら脳腫瘍ではありませんでした。
さて、術後の患者の性格はどうなる? の仕掛けが良くできすぎてたのかも知れない。

で、エンディングでは踊るのね。


シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

タイトルから、なんか世間的にグレーゾーンで、法的に裁けない悪人をやっつける痛快勧善懲悪ドラマかと思ったら、そうでもなかった。
というか、悪人がグレーってわけでもなく、ほぼほぼクロっていう。
まぁ、証拠がないからとか、上手く警察をごまかせたからってことでもいいんだけど、なにせ、登場人物が闇やら謎やら抱えすぎてて、痛快というわけにはいかんのですよ。
まぁ、このところのこの枠らしいといえば、そうなんだけど。

もう少し、人間関係だけでも、分かりやすくていいんじゃないですかね。


10の秘密

と、これまた謎だらけで、とりあえず向井理が窮地に立たされていることしか分からない。
仲間由紀恵ってことで、「ハニー・トラップ」を思い出しちゃって。

この、どっちを向いても謎状態が、どのタイミングで解かれ始めていくのかには興味があるものの。
ワタシの理解力で、ついていけるかどうかがカギ。


恋はつづくよどこまでも

と、まぁ、謎が多すぎるドラマが多い中、これくらい単純に少女漫画してくれてると嬉しい。
謎と言えば、佐藤健医師の性格が変わってしまったのはなぜか? くらい。
上白石看護師を見る、周囲の病院スタッフの目も優しくて良い感じ。
まぁ、やらかしの度が過ぎるとはいえ、マンガ的といえば納得できるし。

キャスト的には結構好み。
吉川愛は今回もキツ目の役。ちょい可愛げがある演出回があると嬉しいが。


ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

ケイジとケンジのバディ物かと思いきや、「悪人を撲滅する!」な桐谷刑事と、証拠をもとに冷静に起訴手続きを進める東出検事の対立を軸が基本になるのかな。
まぁ、コメディタッチなので、ギスギスしたところはない。

初回は、元教師だった桐谷刑事の教え子が被疑者で、もしかしたら強盗殺人か強盗致死で起訴されるかも知れないという、「悪人を撲滅する」桐谷刑事の板挟みと心境と、刑事と検事の立場、判断の違いを描いていたので、痛快味は不足がちだったかな。

冷静な東出検事とはいえ、比嘉事務官とのからみでは、ろくでもなく人間臭いので、今後の変容が面白そう。


病室で念仏を唱えないでください

うーん、難しいなぁ。面白くないわけではないんだけども。
救急救命医としては優秀な伊藤英明医師だけど、チャプレンとしては未熟、とい設定なのかな?
で、チャプレンというか、人間的に成長していくのが大筋なのかな?
患者さんに仏教を説いていくところが、もうちょっと言い方あるだろうと、ちょっと鬱陶しい感じ。

半面、中谷美紀の役柄が朗らかで良い感じで、見やすくはある。

過去に因縁がありそうな、ムロツヨシエリート医師がこれからどうからむかなぁ。



というわけで、アライブ、トップナイフ、病室で念仏~、恋はつづくよ~ と病院を舞台にしたドラマが多いようにも思えるけど、この辺、ドクターXの大成功もあるんだろうかね。
医療ドラマ、刑事ドラマは外れないと言われていた時期もあったけど、久しぶりに同時期に放送されるような気がする。
恋はつづくよ~は別だろうけど。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント