FC2ブログ

最終回その3


絶対零度のスペシャル、ダイジェストだったのはいいとして、あそこまで王道の「オレたちの戦いはこれからだ」エンドって、ドラマじゃ珍しくない?

相棒 season18

やはり、振り幅が広くて安心する。
話数が多く、1話完結っていうこともあるかも知れないけど、シリアスに振り切ったあとは、コメディ風味だったり。

最終回は、2時間スペシャルなのに、コメディタッチの内容。
それでいて、きちんと見せるのはさすが。
内容的には、老いを感じて探偵を引退してしまったポワロを思い出しちゃって、右京さん引退の伏線なんだろうか? などと思ったりしたけど。

とはいえ、「こてまり」は、花の里のかわりになるのかどうかなど、次シーズンへの期待も膨らむ。


アライブ

前半は医療事故がらみのサスペンス風味があったけど、後半はガンと向き合う医師と患者たちの話になっていった。
企画を通すのに、サスペンス風味を加えたわけではないだろうけど、ちょっと不思議な感じ。

全体的に静かな演出で良かった。

最終回も大団円といった趣で、派手さはなかったけど、良いドラマだった。
まぁ、今期、医療ドラマが多く、どれだけ天才医師が出てくるかと思ったけど、これくらいが現実味があるのかも知れない。


病室で念仏を唱えないでください

ラス2くらいで、ワンチームっぽくなって、良かった。
最近、話数が少ないドラマが多くて、最終回くらいしか爽やかな気持ちで見れないドラマが多くて。
そういう意味では、学園ドラマとか見たいんだけど、壊滅状態だしな。
3年A組はヒットしたけど、学園ドラマかと言われると…。

置いといて。

最終回は、泉谷しげるがガンで亡くなる話が中心に、大団円方向でまとめた感じ。
良い話ではあったんだけど、全体的にコメディタッチだったので、もう少しコメディ部分は強調していたほうが振り幅が大きくて良かったかなぁ。
泉谷しげるにギターを弾かせたのは評価する。あのお歳の役にしては上手すぎたけど。


テセウスの船

心先生が動けば動くほど、事態が悪化していくの繰り返しでストレスだったなぁ。
一つ謎を解いたら、その先に新たな謎が、という展開なら、つど爽快感もあるだろうけど、謎をほったらかしのまま、新たな謎が出てきちゃうわ、村民全員怪しいわ。
この辺、どうなんだろう? 村民全員怪しくないのほうじゃダメだったんだろうか。
終盤の校長先生とか、息子に会いに行ってたとか言われても、それ、嘘でしょ? 不在だった間に何か良からぬことしてたでしょ? ってなって、素直に納得できなかったわ。

まぁ、それでも重厚感だけで、押し切っちゃったこの枠はすげぇな、とは思うけど。


蛍草 菜々の剣

魅力的に思えるキャラクター満載だったんだけど、やっぱり話数が少ないせいか、深堀しないで展開しちゃうのが惜しかった。
まぁ、逆に中だるみはないからいいのかも知れないけど。

南沢奈央が報われなくて不憫だったなぁ。
北村有起哉は凄みあったな。

敵討ちを果たして、旦那様と結ばれちゃったら、続編はないかな。
ちと、惜しいと思わせるのも演出の内か。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント